AutoCAD Mechanicalを使ってみました

最近の記事

パワーオブジェクトを編集する

パワーオブジェクトはボルト・ねじ・貫通穴や寸法などに関する情報を持つオブジェクトで・・・

中心線を選択した円や2線間に自動作図

作図してある円や2線間の中心線を個別または一括で自動作図できる機能が搭載されていま・・・

部品表とバルーン

機械などの製品を構成する部品の名称や規格、数量を記載する部品表とバルーンを作成でき・・・

はめあい公差を寸法に追加してみました

組み合わせた部品と部品のはまり具合に影響する「はめあい」を寸法値に追加してみました・・・

三面図の作成に下書き線コマンドを使ってみました

下書き線の専用コマンドを使うと三面図を作図するための補助線を容易に描いたり消したり・・・

モデル空間を参照して詳細図を作成してみました

詳細図を作図するとき実際の寸法値よりも大きい値で線や円などを作図するのは効率的では・・・

複写と回転を連続実行できるコマンドを使ってみました

[コピー]コマンドは元図形と同じ傾きで複写できますが複写した位置で角度を変えるには・・・

直径寸法を円柱の正面図に一括記入してみました

円柱・円筒に複数の凹凸がある正面図に直径寸法を記入するには、長さ寸法コマンドで1つ1・・・

まっすぐ並ぶ寸法線(長さ)を一括で記入してみました

複数の長さの寸法線を同一直線上に並べて記入したいとき長さ寸法線のコマンドを使えば1つ・・・

過去の記事

圧縮コイルばねを作図してみました(作図のみ)

ばねを正面から見た形状を作図するには[ばね]コマンドが便利です。圧縮コイルばね、引張・・・

図形のストレッチを寸法値指定で行ってみました

図形の長さを変更できる[ストレッチ(STRETCH)]コマンドは変更後の長さを座標で指示し・・・

断面2次モーメントを計算してみました

重心の位置、主軸モーメントの方向、両方の軸の断面2次モーメント、有効断面2次モーメ・・・

1つの寸法線を2つに分割してみました

既に図面中に記入してある1つの長さ寸法線を2つの寸法線に分けたいとき、寸法線の位置・・・

1つの寸法線を2つに分割してみました

既に図面中に記入してある1つの長さ寸法線を2つの寸法線に分けたいとき、寸法線の位置・・・

ボルト・ナット・穴の組み合わせを一度で作図してみました

機械図面のためのAutoCAD Mechanicalに搭載されているコンテンツライブラリは、ボルト、・・・

面の指示記号(表面粗さ記号)を配置してみました

製作する金属部品の表面の状態を図面で指示する表面粗さ記号をAutoCAD Mechanicalで配置・・・

熔接記号を作図してみました

図面に熔接する箇所を記載するには熔接記号を作図します。汎用CADのAutoCADには熔接記号・・・

データム記号を配置してみました

「データム記号」は加工や測定を行うときの基準を指示するとき機械図面に配置します。・・・

コンテンツライブラリから標準部品を挿入してみました

機械図面などで多用するネジやボルトなどの標準部品の作図は機械2次元CAD AutoCAD・・・


面取りコマンドでC面取りを行ってみました

指定した距離で角を斜めに切断したC面取りをAutoCAD Mechanicalで作図してみました・・・

切断線コマンドを使ってみました

機械図面では断面図を作図することがありますが、断面の位置を示す「切断線」は、実線・・・

貫通穴コマンドで上から見た穴を描いてみました

汎用CADのAutoCADやAutoCAD LTで直径10mmの穴の図形は「1.円を作図」「2.中心線を・・・

結合コマンドで別々の寸法線をまとめてみました!

水平や垂直に並んでいる複数の寸法線を1つの寸法線に修正するときに役立つ機能が・・・

一度に複数の異なる間隔でオフセットを行ってみた!

図面に描かれている線や円などの平行な図を描きたいとき、オフセット機能はよく使われます・・・

面取りコマンドでC面取り寸法線を記入してみました!

部品や建材などの角を斜めに削って角を無くす面取り加工を行う箇所には「C面取り寸法線」・・・

同時に穴と中心線を円形状に配置してみました!

機械図面では円形の板などにネジ穴やタップ穴などを表す「円」を描くことが多いと・・・

フィレット(角丸め)で角(エッジ)を丸めてみました!

四角形の角や2線間の頂点などのエッジを丸めたいとき、[フィレット(AMFILLET2D)]・・・

長方形の中心を始点に長方形を描いてみました!

対角点を指示して作図することが多いと思いますが、長方形の中心を始点にして作図する・・・

隠線処理コマンドを使ってみました!

部品同士が重なって見えなくなる部分を点線で描く「隠線処理」を自動的に行ってくれる機能が・・・

形鋼を配置してみました!

AutoCAD Mechanicalに搭載されているライブラリを使って「形鋼」を図面に挿入してみました・・・