下書き線の専用コマンドを使うと三面図を作図するための補助線を容易に描いたり消したりできます。
三面図の下書き線を描くには[投影(AMPROJO)]コマンドと[下書き線(AMCONSTLINES)]コマンドが便利です。このAutoCAD Mechanicalのコマンドを使って、正面図と平面図から下書き線を描いて側面図を作図してみました。

下書線で作図補助

投影線を配置

正面図と平面図から側面図の下書き線を描くには[投影(AMPROJO)]コマンドで投影線を配置します。
このコマンドはリボンメニューの[ホーム]タブの[下書き線]パネル内にあります。

投影線コマンドを選択

投影線の配置位置を指定して側面図の方向を指示しました。

投影線の向きを指示

下書き線の種類

リボンメニューの[ホーム]タブの[下書き線]パネルにある[下書き線(AMCONSTLINES)]コマンドを使って作図する下書き線お種類を選びます。
水平、垂直、十字、2点または角度指定、線に垂直などの種類がありました。

下書き線のアイコン

選択できる下書線の種類

下書き線を描く

正面図、平面図の点を選択すると下書き線が作図されました。

正面図の頂点

平面図の頂点

側面図を描く

[線分]コマンドで下書き線の交点を結び、側面図を描きました。

なぞって描く

下書き線を非表示にする

側面図を描けたので下書き線は不要になりました。リボンメニュー[ホーム]タブの[画層]パネルを展開すると表示される[下書き線 表示/非表示]コマンドを使って、下書き線の表示をオフにしました。

三面図のできあがり





[参考]




ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!