円柱・円筒に複数の凹凸がある正面図に直径寸法を記入するには、長さ寸法コマンドで1つ1つ記入できます。ただ、同じ操作を複数回繰り返さなければならず面倒です。
そんな手間を削減できる[複数の寸法(AMAUTODIM)]コマンド-[シャフト/対称軸]がAutoCAD Mechanicalに搭載されています。
多段になっているシャフトや軸の正面図に一括で直径寸法を記入できるので便利でした。もちろん直径記号(Φ)も自動で付加されます。

直径寸法を一度で記入

コマンドを実行

リボンメニューの[注釈]タブにある[寸法記入]パネル内に[複数の寸法(AMAUTODIM)]コマンドはあります。

複数の寸法コマンドアイコン

タイプを選択

[複数寸法記入]ダイアログボックスで[シャフト/対称軸]タブにある[タイプ]のなかから[シャフト(正面図)]を選択して、直径寸法線を記入できるようにしました。

記入する寸法線の形状

寸法のオブジェクトを選択

直径寸法を記入するオブジェクト選択しました。
このとき中心線に対して、片側のオブジェクトのみを選べばOKです。

直径寸法の要素

中心線を選択

直径の中心線を選択しました。

直径の中心位置

寸法線の位置

寸法線を記入する位置を指示しました。プレビューが表示されるので記入される位置がわかりやすいです。

記入位置

寸法線が記入された

複数の寸法線が一括記入されました。寸法線と寸法線の間隔も揃った状態で記入されています。

記入された寸法線





[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!