製作する金属部品の表面の状態を図面で指示する表面粗さ記号をAutoCAD Mechanicalで配置するには[面の指示記号(AMSURFSYM)]コマンドを使います。このコマンドで各種記号が配置できますが基本的な機能を確認してみます。

熔接記号を作図してみた

[面の指示記号]コマンドを実行

リボンメニューの[注釈]タブにある[記号]パネルに[面の指示記号(AMSURFSYM)]コマンドはあります。

面の指示記号のアイコン

オブジェクトを選択

表面粗さ記号を配置する線分などのオブジェクトを選択して、記号とオブジェクトを関連付け(アタッチ)します。

オブジェクトを選択

始点を指示

プレビュー表示を確認しながら、表面粗さ記号を配置する位置を指示します。

配置位置のプレビュー

次の点を指示

表面粗さ記号を引出線上に配置することもできますが、引き出さずに配置することにしました。

引出線の有無

エッジを選択

表面粗さ記号を配置する方向をプレビュー表示を見ながら選択できます。

記号の配置方向

記号の選択と要件の入力

[面の指示記号]ダイアログボックスで、基本記号/除去加工を要する面の指示記号/除去加工を許さない面の指示記号などの記号の選択、通過帯域または基準長さ/表面性状パラメータ記号とその値/加工方法/筋目とその方向などの要件を入力できます。

記号の形状選択

表面粗さの要件入力

表面粗さ記号が配置される

[面の指示記号]ダイアログボックスを閉じると記号が作図されました。

作図された表面粗さ記号



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!