ばねを正面から見た形状を作図するには[ばね]コマンドが便利です。圧縮コイルばね、引張りコイルばね、ねじりコイルばね、皿ばねを作図できます。
例えば圧縮コイルばねの場合、JISカタログから規格の選択と荷重・長さの計算を行って作図する機能もありますが、今回は形状のみの情報を指定して作図してみました。AutoCAD Mechanicalで圧縮コイルばねを作図するには[ばね-圧縮(AMCOMP2D)]コマンドを使用します。

バネを自動作図

コマンドを実行

リボンメニューの[コンテンツ]タブにある[計算]パネル内に[バネ]コマンドはあります。
選択すると表示されるメニューのなかから[圧縮]コマンドを選択しました。

バネと圧縮バネのアイコン

「作図のみ」を選択

今回はばねに関する計算を行わず、形状のみ作図するので[作図のみ]を選択しました。

発条を作図する

形状を選択

作図するばねの形状を選択しました。

バネの断面図と正面図

作図位置を指定

ばねを作図する位置は始点と方向で指示します。

配置位置と角度

ばねの情報を入力

[圧縮コイルばね – 作図のみ]ダイアログボックスで作図するばねの情報を入力します。
ワイヤ直径、外径、総巻数、ばねの端部コイル数、クローズドエンド(閉じた端部または開いた端部)、ばねの端部形状(研磨、無研磨、鍛造)、巻き方向などの情報を入力しました。

ばねの寸法
端の形状
端部のタイプ

ばねの長さ

ばねの長さは数値またはマウスで指定できました。

ばねの長さをマウスで指示

長さを指定するとばねが作図されました。

作図されたばね



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!