機械部品の「シャフト(回転軸)」の図面作成と編集を支援してくれる機能[シャフト ジェネレータ ユーティリティ(AMSHAFT2D)]が搭載されています。
このコマンドを使うと、線分やオフセットなどの基本コマンドで作図するよりも効率的にシャフトを作図できます。

 



シャフトを作図できる[シャフトジェネレータ]コマンドは[コンテンツ]タブのなかにあります。

リボンメニューのコマンド位置


シャフトを作図する

作図するシャフトの形状を[シャフトジェネレータ]ダイアログボックスから選択します。
このなかから作図したいシャフト形状を選択します。(下図では[円柱]の形状を選択しています)
形状を選択してから長さと直径を入力するとシャフトの一部分が作図されました。長さと直径を変更しながら追加すると段差をつけて作図できます。

円柱コマンドをクリック

作図された円柱

円柱を追加


ほかのシャフト形状を選択すれば、作図しているシャフトに追加作図することができます。
勾配やネジなどのさまざまな形状でシャフトを作図できます。

作図された軸


形状を挿入する

作図しているシャフトの中間にシャフト形状を追加するには[挿入]を使います。
挿入したいシャフト形状を[シャフトジェネレータ]ダイアログボックスから選び、挿入位置を指示するとシャフトの途中に選択したシャフト形状が挿入されす。

挿入コマンドを実行

溝を追加した軸

また、面取りや角丸めを行うこともできます。

面取りコマンドを実行

先端部を面取り


側面図の作図

側面図は[側面図]の機能を使うと、作図してあるシャフトの側面図を自動作図できます。

側面図コマンドの実行

作図された側面図


寸法の変更

作図したシャフトの寸法を変更することができます。
[編集]を実行後、寸法を変更する部分をクリックすると寸法値を変更できます。

寸法編集コマンドの実行

設計変更後のシャフト




[参考]




ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!