機械などの製品を構成する部品の名称や規格、数量を記載する部品表とバルーンを作成できる機能がAutoCAD Mechanicalに搭載されています。

 



1.部品情報の定義

部品表で集計する部品は[パーツ参照]コマンドであらかじめ定義する必要があります。

リボンメニューとアイコン

各部品の品名、規格、材料などの部品情報は[パーツ参照]ダイアログボックスで入力できます。

部品属性の入力

部品情報を定義すると部品集計の対象であることを示す「パーツ参照マーク」が追加されます。

部品属性の入力

2.ボルトの配置

ボルトなどの部品も集計するには[ボルト、ねじ、止めねじ]コマンドを使います。

標準部品の配置

配置されるボルトに「パーツ参照マーク」が自動的に付き、部品集計の対象になっています。

配置された標準部品

3.部品表の編集

部品情報を定義したり標準部品を配置したら、これらの部品情報は[部品表]コマンドで編集できます。

部品属性の編集

[部品表]ダイアログボックスでは、部品属性の変更、昇順/降順での並び替え、項目の統合などを行えます。

変更できる部品情報

4.図面に部品表を配置

部品表を配置するには[パーツ一覧]コマンドを使います。
図面内に配置する前に部品表の内容を[パーツ一覧]ダイアログボックスで編集できます。

パーツ一覧

編集後、図面内での配置位置を指示して部品表を配置できました。

配置された部品表

5.バルーンの配置

配置した部品表と連動したバルーンを配置するには[バルーン]コマンドを追加います。
コマンドを実行するとバルーンのプレビューが表示されます。

バルーンのプレビュー

プレビューを参考にバルーンの配置位置を指示して配置しました。

配置されたバルーン



[参考]




ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!