同一直線上にある複数の線分を1本の線分にまとめたいときは[結合(JOIN)]コマンドが役立ちます。トリムコマンドや部分削除コマンドなどで分割してしまった複数の線分を1本の線分に結合できます。

線を1本にまとめる機能

結合コマンドを実行

リボンメニューの[ホーム]タブ-[修正]パネルを展開すると[結合(JOIN[)]コマンドのアイコンがあります。

結合コマンドのアイコン位置

結合する線分を選択

同一直線上にある線分を選択します。線分は同時に2本以上選択できます。

結合する線分の選択

確定して結合

結合させたい線分を選択したら、キーボードの[Enterキー]かマウスの[右ボタン]を押して選択を「確定」させます。確定すると線が1本に結合されます。

複数の線分が結合される

結合された線分を選択してグリップを表示させます。グリップの表示状態から1本の線分に結合されているのがわかります。

グリップ表示で確認



元々1本だった線分を分割した直後であればAutoCADにも[元に戻す(UNDO)]機能があるので直ぐ1本の線分に戻すことはできます。ただ、しばらくしてから1本の線分に戻したいとき[元に戻す(UNDO)]機能では対応できないので[結合(JOIN)]コマンドが役立ちます。



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!