円や円弧に中心線を配置できる[中心マーク(CENTERMARK)]コマンドを使ってみました。

このコマンドはAutoCAD2017/AutoCAD LT 2017のバージョンで搭載された機能です。

中心線を作図できる機能

中心マークコマンドを実行

リボンメニューの[注釈]タブの[中心線]パネルに[中心マーク(CENTERMARK)]コマンドはあります。

中心マークアイコンをクリック

円を選択

中心線を描きたい円や円弧をワンクリックするだけで十字の中心線を記入できます。

中心線を記入したい円・円弧をクリック

作図された中心線は自動調整オブジェクトです。選択した円・円弧と自動的に関連付けられています。この中心線のプロパティを確認するとオブジェクトのタイプは「中心マーク」になっています。

中心マークのプロパティ

変更・移動を行う

自動調整オブジェクトの中心線は円・円弧に関連付けられています。その円・円弧を修正すると追従して中心線も変更されます。

【半径を変更した場合】

半径を変更すると中心線の大きさも自動的に変更されます。

半径を変更した

【位置を移動した場合】

円の作図位置を移動すると中心線も自動的に移動されます。

円を移動した



半径や作図位置を変更してから中心線を修正する手間が省けます。新しいバージョンのAutoCADには、他にも便利な機能が追加されています。旧バージョンをお使いでしたら最新バージョンを試されてみてはいががでしょうか。



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!