機械部品などで角が尖っている部分は面取り処理が行われますが、3次元設計でも面取りが必要になる部分には面取りの3D形状を作成します。メカニカル3次元CAD Inventorで面取りを行うには[面取り]コマンドを使用します。いろいろな面取り形状を作成できますが、ここでは基本的な使い方を確認してみます。

面取りを行ってみる

[面取り]コマンドを実行

リボンメニューの[3Dモデル]タブの[修正]パネルに[面取り]コマンドはあります。

面取りアイコンメニュー

エッジを選択

エッジを選択すると、面取りされた形状がプレビュー表示されました。

1つのエッジを選択

同時に複数のエッジを選択でき、面取りが重なる箇所の形状は自動処理されました。

複数のエッジを選択

エッジを誤って選択してしまったときは再選択すれば解除できました。

選択したエッジの解除

種類の選択

面取りと種類は[面取り]ダイアログボックスで選択できました。

面取りの種類

距離を入力

面取りの距離は[面取り]ダイアログボックスで入力します。数値を入力すると3D形状に面取りのプレビューが表示されます。

プレビュー表示

3D形状を確定

面取りを行うエッジと距離が決まったら、[面取り]ダイアログボックスにある[OK]ボタンをクリックします。

3Dモデルが面取りされ、ブラウザに面取りのフィーチャーが追加されました。

面取り完了



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!


オートキャドLT・Revit LTが特別価格

3年サブスクリプションがお得なステップアップキャンペーン