機械部品やプラスチック製品などのエッジは多くの場合、角丸めが行われます。
作成している3Dモデルに角丸めを行うときAutodesk Inventorでは[フィレット]コマンドを使います。

フィレットコマンドには選択するエッジや設定する項目により様々な角丸めを行うことができますが、ここでは基本的なフィレットを使ってみました。

autodesk inventorのフィレット

[フィレット]コマンドを実行

角丸めを行うにはリボンメニューの[3Dモデル]タブの[修正]パネルにありる[フィレット]コマンドを実行します。

フィレットコマンドのメニュー

エッジを選択

角丸めを行いたいエッジを選択すると、プレビューが表示されます。

エッジを選択

エッジは同時に複数選択できます。

エッジを複数選択

選択済みのエッジを再選択すると解除できます。

選択を解除

半径を入力

「フィレット」ダイアログボックスで半径の値を入力できます。
数値を入力するとプレビューも変更されます。

半径の入力

確定させる

角丸めを行うエッジと半径値が決まったら、[角丸め]ダイアログボックスにある[OK]ボタンをクリックします。

フィレット完了



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!


オートキャドLT・Revit LTが特別価格

3年サブスクリプションがお得なステップアップキャンペーン