工業製品などの3Dモデルを作成するとき、多くのエッジを角丸めするために[フィレット]コマンドを使います。
Autodesk Inventorで3Dモデルにフィレットを複数回行うと、どうなるのか確認してみました。

inventorでフィレットを追加


下図の3Dモデルは上部がフィレットされています。この3Dモデルの縦方向のエッジにフィレットを追加してみます。

3Dモデルのベース

[フィレット]コマンドを実行

リボンメニューの[3Dモデル]タブの[修正]パネルに[フィレット]コマンドはあります。

インベンターフィレット

エッジを選択

角丸めを行うエッジを選択するとプレビュー表示されました。

エッジを選択

陰になっているエッジにマウスカーソルを近づけると自動認識されました。

エッジを自動認識

半径を入力

フィレットの半径を入力する度にプレビューのフィレットの大きさが変更されました。

半径の入力

なお、入力した半径値が大きすぎて角丸めできないときはエラーが表示されました。

エラー表示

確定させる

角丸めを行うエッジと半径値が決まったら、[角丸め]ダイアログボックスにある[OK]ボタンをクリックします。

既にあったフィレットと追加されたフィレットが繋がっている部分は自動で形状が処理されています。

接合されたフィレット



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!