線や円などのオブジェクトが混み合ったり重なったりしている箇所から必要なオブジェクトを選択するのは大変です。
オブジェクトにカーソルを重ねてクリックしても意図しないオブジェクトが選択されてしまうことがあります。

そんなときはAutoCAD 2011/AutoCAD LT 2011以降で使える[循環の選択]機能を使うと便利です。
クリックした付近にあるオブジェクトの一覧が表示され、そのなかから必要なオブジェクトを選択できる機能です。

尺度変更で図形サイズを変更

選択の循環をオン

循環選択の機能を使うにはステータスバーにある[選択の循環]アイコンをクリックしてオンの状態にしておく必要があります。

循環の選択をオンにする

カーソルを合せる

オブジェクトが混み合っている箇所にカーソルを合わせると四角形が二重になったマークが表示され、循環選択が使えることを教えてくれます。

2重長方形のアイコン

オブジェクトを選択する

選択したいオブジェクトにカーソルを合わせてクリックすると[選択]リストが表示されました。

選択ダイアログボックス

[選択]リストに表示されている項目にカーソルを合わせると該当するオブジェクトがハイライトされるので、どのオブジェクトを選択できるのか分かりやすくなっています。

重なった線分の選択候補

選択したいオブジェクトがハイライトされた状態で[選択]リストの項目をクリックすると、オブジェクトが選択されました。

重なり合ったなかから選択できた

 

 

【手順はこちら】

[循環の選択]機能の使い方は当社WEBサイト「AutoCAD LT 使い方徹底ナビ」のFAQをご覧ください。

FAQ「重なっている図形の中から1つだけ選択する[選択の循環]」はこちら

 




[参考]



autocadの本と入門書

CADに最適ワークステーションPC


ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!