治具設計の課題を解決する3Dプリンターの活用事例

治具の設計・製作にて、リードタイム短縮、コスト削減、軽量化などの課題解決にSOLIDWORKSと3Dプリンターを活用した事例です。


SOLIDWORKSと3Dプリンタによる治具製作の事例はこちら

 

2D図面を流用して3Dモデルを作成する事例

これまでに作成した図面資産を活用してSOLIDWORKSに図面データを取り込み、3次元設計(モデリング)に流用した事例です。


SOLIDWORKSで2D図面から3Dモデルを作成する事例はこちら

 

解析機能で機械装置の設計検証を行ってみた事例

SOLIDWORKS Simulationで機械装置の振動を解析して最良の設計案を検証した事例です。


SOLIDWORKS Simulationの解析機能で設計検証した事例はこちら

 

3次元設計ならではの効果

3Dモデリング・図面・解析が連携することで設計変更にも柔軟に対応できます。また後工程からの手戻りが減り、効率的な設計を進めることができます。


2次元設計にはない3次元設計ならではの特徴はこちら

 

板金部品の筐体カバーを3D設計した事例

板金機能を使って基本形状作成、板厚、曲げ半径、エッジフランジ、ヘム、展開形状を行い板金部品を作成した事例です。


板金筐体設計の事例はこちら

 

板金部品の3Dデータから板金図面した事例

板金部品の3Dモデルデータから板金図面、加工指示、展開図などを効率よく作成した事例です。


3Dデータを活用した板金図面の作成事例はこちら

 

設計データを利用して組立マニュアルを作成した事例

3次元の設計データを利用して、わかりやすい組み立てマニュアルを効率よく作成できるSOLIDWORKS Composerの事例です。


Composerによる組立指示書作成事例はこちら

 

バージョン別の新機能

バージョン別に搭載された主な新機能をご紹介します。

最新バージョンの機能

SOLIDWORKS 2022の新機能

ユーザーインターフェース、3Dパーツ設計、大規模デザインレビューモード(アセンブリ)、ディテイリングモード(図面)、ディテイリングモード、ビジュアライズ、シミュレーション、PDMなど多くの機能が強化されています。

2021新機能

2021バージョンの新機能

ユーザーエクスペリエンス、部品・アセンブリ、ディテイリングモード、eDrawings、Visualize、Composer、解析ツールなど多くの機能が強化されています。

 

バージョン2020で搭載された機能

動画で「ワークフローを効率化」「CADとの連携」「パフォーマンス強化」などの追加・改善された機能をご紹介します。

:: ワークフローの改善① ::

「オフセットサーフェス」「フィレット/面取りの自動修復」「フレキシブル構成部品」について。


ワークフロー改善①を見る

:: ワークフローの改善② ::

「直列寸法」「シルエットエンティティ」「メッシュの直接編集」について。


ワークフロー改善②を見る

:: CADとの連携 ::

「SOLIDWORKS Composer」「eDrawings」「SOLIDWORKS Electrical」について。


CADとの連携を見る

:: パフォーマンス強化 ::

「ディテイリングモード」「グラフィックパフォーマンスの拡張」「エンベローブ作成」について。


パフォーマンス強化を見る

 

デモ動画「スプレッダーの設計」

当社のSOLIDWORKSエンジニアが解説したデモンストレーション動画です。


デモ動画のご視聴はこちらから

 

パッケージ別の機能

動画でPREMIUM、PROFESSIONAL、STANDARAD各パッケージの機能をご紹介します。

ソリッドワークスの各機能

3つあるパッケージ「PREMIUM」「PROFESSIONAL」「STANDARD」で使用できる機能を動画と比較表でご紹介します。

各パッケージの機能

 


関連情報