アセンブリの3Dモデルを作成しながらアセンブリモデルに合わせた新しい部品を追加作成したい・・・。
そんなときAutodesk Inventorならインプレイス作成(コンポーネント作成ツール機能)を使うと便利です。


アセンブリモデリング中に新規パーツを作成


コンポーネント作成ツール

アセンブリファイルを作成中に新しいパーツファイルを作成できる[コンポーネント作成]コマンドは、リボンメニューの[アセンブリ]タブ-[コンポーネント]パネルのなかにあります。

コマンドのアイコン

コマンドを実行すると表示される[コンポーネントをインプレイス作成]ダイアログボックスでパーツファイルの名前などを設定します。

ファイル名とフォルダの設定

新パーツの基準面

新しいパーツをアセンブリする場所にする基準面をアセンブリモデルから選択します。

部品を組みわせる位置

新しいパーツをモデリング

パーツファイルを作成するときを同じ機能を使ってモデリングを行います。
初めにスケッチを作成する面を指示します。

スケッチ面の指定

スケッチには線分、円、円弧、長方形などのスケッチコマンドを使って形状を作図できますが、ここでは[ジオメトリを投影]コマンドを使います。

輪郭の取り込み

コマンドを実行してアセンブリモデルの輪郭をスケッチとして投影しました。

スケッチに投影された輪郭

投影した輪郭は[押し出し]コマンドを使って厚さを指定します。

プレビューを参照

厚さを指定して新しいパーツファイルを追加できました。

新規追加されたパーツ

新しいパーツファイルのみを開く

アセンブリのブラウザに追加された新しいパーツファイル名を選択して[開く]コマンドを実行します。

ブラウザを右クリック

作成した新しいパーツファイルが開きます。アセンブリではなく、1つのパーツファイルとして保存されているのを確認できます。

呼び出されたパーツファイル






【動画】


[参考]


ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!