通常の3Dモデリング機能では板金を曲げたり展開したりする板金部品のモデリングは難しいと思います。
板金部品をAutodesk Inventorでモデリングするには「シートメタル」を使用します。シートメタル機能はフランジ、コンター、ヘム、折り曲げ、パンチツール、板金展開図などのモデリングを行えます。
ここでは折り曲げた状態の板金部品の作成とそれを展開図にする基本的な流れをご紹介します。


シートメタルで板金展開


板金部品の基準面

板金部品は折り曲げた状態でモデリングを始めます。まずは板金部品の基準になる面を[面]コマンドを実行しました。

基準面の指示

[面]ダイアログボックスで基準にする面を指示して板厚方向を指示しました。

オフセット方向

フランジ

曲げた板金形状を作成するには[フランジ]コマンドを使用します。

フランジの作成

追加するフランジの長さや角度は[フランジ]ダイアログボックスで行えます。フランジを追加するエッジを選択するとプレビューが表示されました。形状を確認しながらフランジを追加できます。

仮表示されたフランジ

追加したフランジが重なるような箇所は自動で形状が修正されました。。

板金の重複部分

エッジと異なる幅で曲げる

エッジの幅とは異なるサイズで板金を曲げたいときは[曲げ編集]を使います。
エッジを選択すると表示されるアイコンをクリックすると[曲げ編集]ダイアログボックスが表示されます。

曲げるエッジ

幅やオフセットなどの数値をダイアログボックスに入力すると指定した幅のフランジを作成できました。

フランジのエッジ

カットする

板金部品の一部分をカットしたいときは[切り取り]コマンドを使用します。

板金の切り取り

指定した平面にカットする形状のスケッチを作成して[切り取り]ダイアログボックスにある[曲げに沿ってカット]を実行しました。

切り取る形状を指定

板金部品の一部がカットされました。

穴を空けた板金

板金展開

作成した板金部品を展開した形状にするには[フラットパターンを作成]コマンドを使います。

板金展開の機能

[フラットパターンを作成]コマンドを実行すると板金展開された形状に切り替わりました。

展開された板金

板金展開された状態から折り曲げた状態に戻すには[曲げパーツに移動]コマンドを使います。

フォールド板金

折り曲げた状態の板金部品に切り替わりました。

フォールドされた板金部品






【動画】


[参考]


ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!