3次元CADデータを変換した中間ファイルデータ(Parasolidなど)をAutodesk Inventor Professionalでインポートするとひと塊の3Dモデルデータとして読込まれます。
Inventorで作成したデータは押し出しやフィレットなどのフィーチャを使って3Dモデルを編集できますが、フィーチャが無いインポートデータは通常の操作手順では編集できません。

インポートした3次元CADデータを編集するには[ダイレクト編集]コマンドを使います。このコマンドの「移動」と「サイズ」を使って3Dモデルの形状を変更してみました。


他CADデータを読込んで編集


中間ファイルをインポートすると

ブラウザを見るとInventorで作成したモデルと比べ、フィーチャが無いことがわかります。

CADデータ変換してみた

コマンドを実行

リボンメニューの[3Dモデル]タブの[修正]パネルのなかに[ダイレクト編集]コマンドはありました。

直接編集アイコンのメニュー

部分的に延長する

3Dモデルの一部分を延長するにはミニツールバーにある[移動]を使います。

移動を選択

延長する部分を選択するとマニピュレータが表示されました。これをドラッグするとプレビューが表示されました。

ドラッグで変更できます

変更後の寸法値を指示すると延長されました。

延長されたモデル

寸法サイズを変更する

3Dモデルの寸法を延長するにはミニツールバーにある[サイズ]を使います。

サイズを選択

寸法値を変更する箇所を選択してマニピュレータをドラッグました。変更したい大きさに数値を入力することもできました。

結果がプレビューされます

3Dモデルの寸法が変更されました。

穴径が変更された



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!