3Dモデルに貫通穴、止まり穴、ザグリ穴、ボルト穴などの穴形状を簡単に作成できる[穴]コマンドがAutodesk Inventor Professional 2019にあったので試してみました。
数個の単純な穴形状を作成するなら押出し・回転コマンドでも手間はかかりませんが、各種穴形状を多く作成しなければならないとき形状をフィーチャーとして扱える[穴]コマンドは便利です。


穴フィーチャーで穴を作成


コマンドを実行

リボンメニューの[3Dモデル]タブの[修正]パネルのなかに[穴]コマンドはあります。

穴アイコンメニュー

プロパティパネル

作成する穴の種類やサイズなどは[プロパティパネル]で設定できます。
下図では、単純穴、ざぐり無し、貫通を選択しています。

作成する穴形状の設定

穴の位置を指示

穴が空く位置を指示すると穴形状がプレビュー表示されました。

単純な穴のプレレビュー

穴のサイズ

穴のサイズはプレビューで確認しながら決めることができます。

穴径の変更

新しい穴を作成

穴形状は連続して作成できます。下図では予め作成してある4つの点が自動で認識され、穴形状がプレビュー表示されています。

複数の穴のプレビュー表示

プロパティパネルで穴の種類を設定できます。

穴形状の選択

穴のサイズ

穴のサイズをプロパティパネルに表示されているイラストを見ながら穴の各寸法を入力できるので分かり易いです。

座ぐり穴の寸法値

形状を確定

プロパティパネルを閉じて穴形状の作成を完了しました。

穴フィーチャーの完成



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!


3年サブスクリプションがお得なステップアップキャンペーン