オートデスク製2次元/3次元CADソフトウェアの販売

AutoCAD(オートキャド)をはじめとしたオートデスク社の製品は、幅広い業界(建築・土木・製造)の設計者、エンジニア、建築家、施工者、CAD技術者、デザイナーなどの方々が使用されているCADソフトウェアです。汎用CADソフトウェアのAutoCADをはじめ業種別ツールセットを使えるAutoCAD Plus、BIM/CIMに対応した建築/土木CAD、機械/装置設計用3次元CADなどがあります。
AutoCADシリーズの導入を検討しているけど種類が多くて「どのCADを選べばいいのかよくわかない・・・」
そんなときは私ども正規認定リセラーが運営する専門店「CAD百貨」へお気軽にご相談ください。


( お知らせ )


※業種別のAutoCAD(Architecture、Electrical、Map3D、Mechanical)は単品での販売は終了しており、現在は「AutoCAD including specialized toolsets」として1パッケージで販売されています。

※AutoCAD LTとAutoCAD LT with CALS Toolsの新規サブスクリプションは2021年6月7日をもって販売終了となりました。

※保守プラン(Maintenance Plan)は2021年5月7日をもって販売終了となり現在は契約更新できません。

※AutoCAD Inventor LT Suite / Inventor LTの新規サブスクリプションは2020年11月7日、更新サブスクリプションは2021年5月7日をもって販売終了となりました。

※2017年8月よりProduct Design Collectionの商品名が「Product Design & Manufacturing Collection」に変更されました。

※2016年8月よりBuilding Design Suite、Infrastructure Design Suiteの新規販売は終了し、後継商品として「Architecture Engineering Construction Collection」がリリースされました。

最新バージョンで搭載された機能



1年契約サブスクリプション(初めての方・追加される方)


ご契約の更新(サブスクリプション)


操作方法・書籍

※操作講習は当サイト運営会社 株式会社シーキューブのWEBサイトにて詳細をご覧いただけます


 

パッケージ名で探す

 

用途・業種・種別で探す

 


オートデスクのCADソフトウェア

どんな種類があるの?

業種を問わず使用されている汎用タイプの「AutoCAD」をはじめ、土木設計向け「Civil3D」、建築設計向け「Revit」、機械設計向け「Inventor」「Fusion 360」等の専用機能を持つ2次元CAD/3次元CADソフトウェアがあります。
優れた設計機能に加えて、場所を選ばない設計データの利用や関係者との設計データ共有を支援するWEBアプリ・モバイルアプリなどのクラウドサービスも充実しています。また、TrustedDWGテクノロジーによりオートデスクのソフトウェアで保存したDWGファイルには高い信頼性があり、安心して設計データを利用・共有できます。

誕生

1982年12月に最初の「AutoCAD」が誕生しました。最初のバージョンからGXⅡ~5、R12J~R14、2000~2023まで約40年間に渡り、最新テクノロジーを採用した新バージョンがリリースされている歴史の長いCADソフトウェアです。
図面作成・編集のための基本機能を持つ汎用タイプのCADソフトウェアで、手書きで行っていた図面作成に代わり使われ始めました。OSがDOSからWindowsに移行したころ、AutoCAD LTが誕生しました。現在は数ある汎用2次元CADのなかでも、多くの方々に選ばれています。

業種別ツール

幅広い業種の図面を作成にも使える汎用タイプのAutoCAD・AutoCAD LTですが、機械や建築や土木の図面を作成するには手間と時間がかかります。
そこで業種に特化した図面を作図・編集するために誕生したのが業種別ツールセットを搭載したAutoCADです。機械図面、建築図面、ラスタ編集などの専用機能を使用でき、汎用タイプよりも効率よく設計を行えます。これらのツールセットは「AutoCAD Plus」で使うことができます。

3D設計・BIM/CIM

コンピューターの性能向上ともに3Dで設計を行える3次元CADが普及しました。汎用タイプのAutoCADにも3D機能があり、3Dモデルを作成することができます。しかし最新の3次元CADのような機能は無いため3D設計で使うことはお勧めできません。
フィーチャー編集、アセンブリと機構の確認、正確な部品集計、図面化、さらに3Dデータを活かした解析やリアルCG/アニメ、データ管理など3次元CADならではの機能があります。また、建設業界では3Dを活かしたBIM/CIM対応も進んでいます。
オートデスク製品には製造・建築・土木業界向けにCADソフトと各種ツール/クラウドサービスをまとめた「業種別Collection」が用意されています。

ライセンス形態

オートデスク製ソフトウェアのライセンス形態は期間利用できる「サブスクリプション」です。以前は動作環境に適合するパソコンで使い続けることができる永続ライセンスでしたが2016年1月にメーカー出荷が終了してしまいました。
現在はサブスクリプションライセンスのみの販売となっています。

 

ご検討時によく頂くご質問

導入をご検討される時によくあるご質問などをまとめましたのでご参考にしてください。

サブスクリプションとは何ですか?
サブスクリプション(Autodesk Subscription)はAutoCADなどのオートデスク製ソフトウェアや関連サービスを契約期間お使いいただけるライセンスです。常に最新バージョンを利用できるほか、メーカー対応サポートで障害エラーを解決できます。
永久ライセンス版は購入できますか?
使用できる期間が限定されていない「永久ライセンス版」はメーカー出荷が終了しているため現在は販売されていません。サブスクリプションをご検討くださいますようお願いいたします。
インターネットに接続できる環境は必要ですか?
ライセンス認証やインストールを行うときインターネット接続が必要です。また、インターネットに接続できない現場などで使用することはできますが定期的にインターネットに接続してライセンス認証を行わないと起動できなくなります。
何台のパソコンにインストールして使用できますか?
サブスクリプションの1ライセンスは1人のみ使用できるシングルユーザー形式です。この1人の方が使用する最大3台のパソコンや他デバイスにインストールして使用できます。ただし、同時に起動して使用できるのは1台のみです。1ライセンスを複数人で使用されるのはソフトウェア使用規約違反になる可能性があるのでご注意ください。

 


ネームドユーザライセンスの知っておきたい基礎知識

サブスクリプションのネームドユーザーライセンスの利用前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

使って便利なショートカットキー

キーボードのキーを組み合わせて押すことでコマンドを素早く実行できるショートカットキーを使ってみよう。

 


カタログ・事例集など

AutoCADシリーズや業界別コレクションなどオートデスク製品のカタログ、ユーザー事例や機能比較などの資料をダウンロードいただけます。

総合カタログ・リーフレット・活用事例集


カタログ・資料のダウンロードはこちらから

 


CAD百貨が選ばれている理由

当店CAD百貨は、CAD専門会社が運営しているお店です。長年、CADソフトウェアの導入から運用までをご提案してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めてAutoCADを導入したいと考えている
  • 種類が多くてどれを選べばいいのかわからない
  • 業種に特化した専用コマンドを持つCADを導入を検討したい

など、CADソフトウェアをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちらから

 

当社は「オートデスク認定証販売パートナー」ロゴを取得しています。