製品構成の変更について

メーカーのオートデスク社より発表があり、2021年5月7日をもちましてAutoCAD・AutoCAD LTの製品構成が変更されました。
AutoCAD LT / AutoCAD LT with CALS Toolsの新規販売が終了となり、後継商品としてAutoCAD(レギュラー版)の単品販売が復活し、価格が大きく引き下げられました。
新たにAutoCADを導入される際は復活した「AutoCAD(レギュラー版)」をご検討くださいますようお願いいたします。

 



復活したAutoCADはLT同等の価格に!

2D設計と3Dモデリングができる

今回の変更により、AutoCAD(レギュラー版:汎用2次元CADと3Dモデリング)の単品販売が復活しました。
変更前、AutoCADを使用するには業種別ツールを使えるAutoCAD including specialized toolsets(通称:AutoCAD Plus(オートキャド プラス))をご購入いただく必要がありましたが、現在はAutoCAD単品のみでご購入いただけるようになりました。

 

価格が大きく変わりました

AutoCAD単品の販売価格が大きく変わりました。現在はAutoCAD LTと同等の価格でご購入いただけるようになりました。

  (変更前)   (変更後)  
  サブスクリプション新規
1年間
サブスクリプション新規
3年間
サブスクリプション新規
1年間
サブスクリプション新規
3年間
AutoCAD 単品販売無し 単品販売無し 税込71,500円
ご提供価格はコチラ
税込203,500円
ご提供価格はコチラ
AutoCAD Plus
(AutoCAD including specialized toolsets)
税込231,000円 税込623,700円 税込231,000円ご提供価格はコチラ 税込658,900円ご提供価格はコチラ

※2022年1月7日から3年契約の価格が変更されました。

 

使える機能を比べると・・・

それぞれに搭載されている機能を比べると下記などの違いがあります。

機能 AutoCAD Plus AutoCAD AutoCAD LT
2D図面の作成・編集
リボンやツールパレットのカスタマイズ
PDFファイルからデータをアタッチして読み込み
オブジェクトとブロックの集計を自動化
3Dモデルの作成・編集 ×
アドオンアプリとAPIによる機能追加や自動化 ×
オブジェクトデータを表に抽出 ×
CAD標準仕様の適用とチェック ×
リアルなレンダリング作成 ×
業種別ツールセット(Mechanical / Architecture / Electrical / MEP / Map3D / Plant3D / RasterDesign) × ×

 

従来より多くの機能使用できます

今回の変更により、2021年6月6日をもちましてAutoCAD LTとAutoCAD LT with CALS Toolsの新規サブスクリプションが販売終了となりました。
なお、ご契約期間中のAutoCAD LT・AutoCAD LT with CALS Toolsのサブスクリプションは更新できます。

 

販売終了になった製品

下記製品が販売終了になりました。

 

後継商品は?

AutoCAD LTとAutoCAD LT with CALS Toolsの後継商品は今回の変更で単品販売が復活した「AutoCAD(レギュラー版)」です。
AutoCAD LTの上位製品にあたるAutoCAD(レギュラー版)は同等以上の2次元図面作成・編集機能に加えて3Dモデリング機能も使えます。
また、電子納品用SXFデータを作成するための変換ツール「CALS Tools」はAutodesk App Storeより無償ダウンロードしてご使用いただけます。

  AutoCAD AutoCAD LT AutoCAD LT with CALS Tools
2D図面の作成・編集
3Dモデルの作成・編集 × ×
CALS Tools(SXFデータ変換ツール) ○ ※1 ×

※1:AutoCADの特典としてAutodesk App Storeより無償でダウンロードできます

 

価格は?

後継商品の「AutoCAD(レギュラー版)」は今回の変更での販売価格がAutoCAD LTと同等になりました。

  AutoCAD(レギュラー版) AutoCAD LT AutoCAD LT with CALS Tools
サブスクリプション新規 1年間 税込71,500円 税込71,500円 税込86,900円
サブスクリプション新規 3年間 税込203,500円 税込193,600円 税込234,300円

:: 更新する場合と比べると…

ご契約中のAutoCAD LTやLT with CALStoolsを引き続き更新する場合とAutoCADを新規契約した場合の価格を比べてみました。
AutoCAD LTをAutoCADへ変える場合、AutoCAD LT更新よりもAutoCAD新規の価格は高くなりますが次年度以降の更新価格は同額になっています。
LT with CALStoolsをAutoCADへ変える場合、LT with CALStools更新よりもAutoCAD新規の価格は安く、次年度以降の更新費用も安くなっています。

  新規1年 新規3年 更新1年 更新3年
AutoCAD(レギュラー版) 税込71,500円 税込203,500円 税込64,900円 税込184,800円
AutoCAD LT 税込64,900円 税込184,800円
AutoCAD LT with CALS Tools 税込82,500円 税込235,400円

 



AutoCADのご購入はこちらから

AutoCAD
はこちら

  • 販売終了になるLTとLT with CALS Toolsの後継商品です
  • レギュラー版AutoCADの単品商品です
AutoCAD PLUS
はこちら

  • 業種別ツールで設計効率を向上できるAutoCAD including specialized toolsetsです
  • AutoCAD Mechanical、Map3Dなど業種別ツールとレギュラー版AutoCADを使えます
AutoCAD LT
はこちら

  • 2021年6月6日をもって新規はメーカー出荷終了になります
  • 更新は引き続き販売しております
LT with CALS Toolsはこちら
  • 2021年6月6日をもって新規はメーカー出荷終了になります
  • 更新は引き続き販売しております

AutoCADを使うメリットは?

パラメトリック拘束、3Dモデリングツール、データ書き出し、CAD標準仕様、Express Toolsなどの機能を使えるAutoCADは、LT使用時と比べて大幅に設計作業の生産性を向上させることができます。

オートデスク社の調査資料によると最大86%の作業時間を短縮できた結果となりました。

AutoCADとLTの生産性を比較結果はこちら

 



よくいただくご質問

AutoCAD Plusとは?
今回の構成変更に伴い、汎用2次元CAD/3Dモデリングの「AutoCAD(レギュラー版)」と区別するために業種別ツールがついているAutoCAD including specialized toolsetsを通称「AutoCAD Plus(オートキャドプラス)」と記載することになりました。
新規でAutoCAD LT、AutoCAD LT with CALS Toolsは買えますか?
2021年6月6日をもってメーカー出荷が終了しているため現在はご購入いただけません。後継商品としてAutoCAD(レギュラー版)をご検討くださいますようお願いいたします。
現在、サブスクリプション契約期間中のAutoCAD LT、with CALS Toolsは更新できますか?
契約期間中のサブスクリプションは更新できます。契約期間が満了してしまった場合は更新できません。その場合は新規サブスクリプションをご検討ください。
契約中のAutoCAD LTサブスクリプションは自動でAutoCADに変更されますか?
自動で変更されません。ご契約期間中のAutoCAD LTは引き続きAutoCAD LTとしてご使用いただけます。
AutoCADを使うメリットはありますか?
LTには無い、作業時間短縮に役立つ機能を使用できます。こちらの”あたらしいAutoCADにするべきその理由とは?”をご参考にしてください。
契約中のAutoCAD LTサブスクリプションをAutoCADに変更できますか?
できません。AutoCAD LTサブスクリプションが満了する際に新規でAutoCADをご購入ください。

 


資料・カタログのダウンロード

搭載機能や生産性などを比較した資料


比較資料のダウンロードはこちらから