【 新規サブスクリプション販売終了のお知らせ 】

  • 2021年6月6日をもちまして、新規サブスクリプションのAutoCAD LT with CALS Toolsはメーカー出荷終了になるため販売終了となります。
  • 後継商品は単品販売が始まったレギュラー版 AutoCADとなります。SXF変換ツール「CALS Tools」も利用できます。
  • 販売終了になるのは新規サブスクリプションです。更新サブスクリプションの販売は継続されます。
  • ご契約中のAutoCAD LT with CALS Tools サブスクリプションは満了日前に更新できます。

初めて導入・増設したい

新規導入や増設をご検討の方は「サブスクリプション新規」をご検討ください。

 

サブスクリプションを更新したい

契約中の期間ライセンスを継続して使用されたい方は「サブスクリプション更新」をご検討ください。

 

保守プランの更新

保守プラン(Maintenance Plan)は2021年5月6日をもってメーカーのサービス提供が終了となり、以後は保守プランの更新契約はでません。
保守プランの契約期間満了後も引き続きAutoCAD LT with CALS Toolsを使用できますが、最新バージョンの利用、技術サポート、前バージョン使用など保守プラン特典は利用できなくなります。
最新バージョン、技術サポート、前バージョン使用などが必要になったときは「サブスクリプション」をご検討ください。

 



「AutoCAD LT with CALS Tools」とは?

AutoCAD LT with CALS Toolsは、SXF(sfc/p21)形式データの作成を支援する土木設計向け2次元CADソフトウェアです。
2次元製図CAD「AutoCAD LT」と電子納品用SXFデータ変換ツール「Autodesk CALS Tools」がセットになったパッケージです。



AutoCAD LT with CALS Toolsの主な機能

公共工事図面の作成と電子納品SXF(sfc/p21)データ変換機能が搭載されています。
AutoCAD LT with CALS Toolsの機能はこちらもご参考にしてください。

レイヤ自動振り分け

CAD製図基準に準拠したレイヤの自動振り分け(自動・半自動・手動)を行えます

レイヤ振り分け自動学習機能

手動でレイヤを振り分けた内容を学習する機能により同パターン図面の自動振分け認識率が向上

複数CADデータを1つの形式に一括変換

DWG/DXF、SXF、JWW/JWC形式からDWG/DXF、SXF形式へデータを一括変換できます



AutoCAD LTとの違い

AutoCAD LT with CALS Toolsには、2次元製図とSXFデータ変換機能が搭載されています。
汎用タイプのAutoCAD LTと比べると下記などの機能の違いがあります。

含まれる機能 AutoCAD LT with CALS Tools AutoCAD LT
SXFデータ交換ツール Autodesk CALS Tools ×
CAD製図基準:レイヤ振り分け機能(自動/半自動/手動) ×
CAD製図基準:チェック・自動修正機能 ×
SXF(sfc/p21) Ver.2~3.2対応 ×
JWC/JWW (Ver.7 形式)※入力のみ ×
2次元製図基本機能
スマート寸法記入
自動調整配列複写
表作成機能
シート セットマネージャ
ダイナミックブロック
PDFからCADオブジェクトへ変換読み込み

 

体験版はありますか?

SXFデータ変換ツール「Autodesk CALS Tools」の体験版はありません。2次元CAD「AutoCAD LT」の体験版はメーカーサイトからダウンロードできます。試用期間やインストール方法、入手方法についてはメーカーサイトをご確認ください。

AutoCAD LT 体験版はこちらから

 

サポートサービスはありますか?

サブスクリプションのご契約中、メーカー対応のサポートサービスを利用できます。また、メーカーサイトにてサポート情報を探すこともできます。

ダイレクトサポート

サブスクリプションのご契約中はダイレクトサポートへインストールや動作トラブルなどについてメーカーへ問い合わせできます。専用WEBページからの問い合わせ、事前予約制の専用電話での問い合わせをご利用いただけます。

Autodesk Knowledge Network

スタートアップ、ラーニング、トラブルシューティング、サービスパックなどの情報が公開されています。

フォーラム・コミュニティ

オートデスク製品に関するテクニックや情報について、質問や回答ができるコミュニティです。

 

導入をご検討される時によくあるご質問などをまとめましたのでご参考にしてください。

Autodesk CALS Toolsだけ買えますか?
買えません。AutoCAD LT with CALS Toolsをご検討ください。
どの工種に対応していますか?
AutoCAD LT with CALS Toolsは標準で「国土交通省道路設計(図面種類10)」に対応しています。ほか国土交通省、機械設備、港湾、農水省、NEXCO、下水道事業団に対応する場合は別売の「工種テンプレート」をご検討ください。
インストールは難しいですか?
専用サイトAUTODESK ACCOUNTからAutoCAD LTとCALS Toolsを個別にインストールを行えます。インストール時の選択肢はWEBサイト Autodesk Knowledge Networkをご参考にしてください。
バージョン毎にプロダクトキーは異なりますか?
異なります。各バージョンのプロダクトキーはメーカーWEBサイト Autodesk Knowledge Networkをご確認ください。
インストールメディアは付属していますか?
付属していません。ソフトウェア本体は専用サイトAUTODESK ACCOUNTからダウンロードする必要があります。
AutoCAD LT Civil Suiteは無くなったのですか?
バージョン2018より商品名が「AutoCAD LT with CALS Tools」に変わりました。パッケージ内容について変更はありません。
契約中のAutoCAD LT Civil Suiteのサブスクリプションを更新するには?
バージョン2018より商品名が新しくなった「AutoCAD LT with CALS Tools」のサブスクリプション更新をご購入ください。

 

CAD百貨が選ばれている理由

当店CAD百貨は、CAD専門会社が運営しているお店です。長年、CADソフトウェアの導入から運用までをご提案してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めてAutoCAD LTを導入したいと考えている
  • 種類が多くてどれを選べばいいのかわからない
  • 業種に特化した専用コマンドを持つCADを導入を検討したい

など、CADソフトウェアをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちらから

 

当社は「オートデスク認定証販売パートナー」ロゴを取得しています。