Autodesk Revitとは?

Autodesk Revit(オートデスク レビット)は、3Dモデルによる建築設計支援するBIM対応の建築3次元CADです。
建築意匠設計、MEPエンジニアリング、構造エンジニアリング、建設施工などの機能を使用して、複数分野での連携を支援します。

当店はBIM(Building Information Modeling)の実現を支援するReviのサブスクリプション(期間ライセンス)を取り扱いしております。
ご購入に関するご質問、御見積依頼はお気軽にお問い合わせください。



初めて導入・増設したい

新規導入や追加導入をご検討の方は「サブスクリプション新規」をご検討ください。


 

サブスクリプションを更新したい

契約中の期間ライセンスを継続して使用されたい方は「サブスクリプション更新」をご検討ください。

 

トレーニングサービス・解説本

基本操作の講習や動画で学べるeラーニングサービス、解説書籍です。

 

保守プランの更新

保守プラン(Maintenance Plan)は2021年5月6日をもってメーカーのサービス提供が終了となり、以後は保守プランの更新契約はでません。
保守プランの契約期間満了後も引き続きRevitを使用できますが、最新バージョンの利用、技術サポート、前バージョン使用など保守プラン特典は利用できなくなります。
最新バージョン、技術サポート、前バージョン使用などが必要になったときは「サブスクリプション」をご検討ください。

 



Revitについて


 

Autodesk Revitの主な機能

Autodesk Revitには3D建築物モデルによる建築意匠設計(Architecture)、構造設計(Structure)、設備設計(MEP)のための機能が搭載されています。Autodesk Revitの機能はこちらもご参考にしてください。

整合のとれた単一モデルで作業効率UP

3D建築モデルでプロジェクトを管理することで設計図書を容易に生成

干渉チェック

建築3Dモデルをスキャンしてオブジェクト間の干渉を確認できます

デザインビジュアライゼーション

設計アイデアや建築物モデルの仕上がりを写真のようなリアルイメージで確認できます

 

Autodesk Revitの初歩的な基本機能のご紹介


ほかRevitの基本機能紹介はこちら

 

Revit LTとの違いは?

Autodesk Revitには、BIM(ビルディング インフォーメーション モデリング)を支援する3D建築設計機能が搭載されています。
エントリー版のRevit LTと比べると下記などの機能の違いがあります。

含まれる機能 Autodesk Revit Autodesk Revit LT
意匠壁、カーテン ウォール、床、屋根、天井、柱
コンポーネント、スロープ、手すりによる階段
ファミリ エディタ環境
建設モデリング:パーツとアセンブリ ×
施工モデリング:パーツとアセンブリ ×
構造壁、床スラブ、基礎、構造柱、構造梁、構造ブレース
傾柱およびトラス・配筋 ×
冷暖房空調設備ダクト・配管/給排水設備・電源/照明 ×
部屋とエリアのレポート、集計表
クラウドでのフォトリアルなレンダリング(A360 Rendering)
製品内でのフォトリアリスティックなレンダリング ×
エリア分析・構造荷重と境界条件・冷暖房負荷・日照シミュレーションなど ×
IFC、DWG/DXF、DGN、DWF、SketchUp(読込み)
点群、デカル転写 ×

 

体験版はありますか?

体験版はメーカーサイトからダウンロードできます。試用期間やインストール方法、入手方法についてはメーカーサイトをご確認ください。

体験版はこちらから

サポートサービスはありますか?

サブスクリプションのご契約中、メーカー対応のサポートサービスを利用できます。また、メーカーサイトにてサポート情報を探すこともできます。

ダイレクトサポート

サブスクリプションのご契約中はダイレクトサポートへインストールや動作トラブルなどについてメーカーへ問い合わせできます。専用WEBページからの問い合わせ、事前予約制の専用電話での問い合わせをご利用いただけます。

Autodesk Knowledge Network

スタートアップ、ラーニング、トラブルシューティング、サービスパックなどの情報が公開されています。

フォーラム・コミュニティ

オートデスク製品に関するテクニックや情報について、質問や回答ができるコミュニティです。

 

RevitやAEC Collectionのカタログ、ユーザー事例や機能比較などの資料をダウンロードいただけます。

Autodesk Revit

Architecture, Engineering Construction collection

オートデスクBIM活用事例集2021

BIM活用実態調査レポート2020年版


カタログ・資料のダウンロードはこちらから

 

どれを選べばいいかわからないという方のために、導入をご検討される時によくあるご質問などをまとめましたのでご参考にしてください。

Autodesk Revit Architectureはありますか?
バージョン2017より、意匠設計向け「Autodesk Revit Architecture」、構造設計向け「Autodesk Revit Structure」、設備向け「Autodesk Revit MEP」の各パッケージは1つにまとめられ「Autodesk Revit」になりました。
Revitだけで建築図面を仕上げられますか?
あまりお勧めしません。Revitで保存したDWGデータをAutoCAD ArchitectureまたはAutoCADで編集する方法をお勧めします。
インストールメディアは付属していますか?
付属していません。ソフトウェア本体は専用サイトAUTODESK ACCOUNTからダウンロードする必要があります。

 

CAD百貨が選ばれている理由

当店CAD百貨は、CAD専門会社が運営しているお店です。長年、CADソフトウェアの導入から運用までをご提案してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めてAutoCADを導入したいと考えている
  • 種類が多くてどれを選べばいいのかわからない
  • 業種に特化した専用コマンドを持つCADを導入を検討したい

など、CADソフトウェアをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちらから

 

当社は「オートデスク認定証販売パートナー」ロゴを取得しています。