3Dモデリングで左右対称の3D形状を作成したいときは対称複写(ミラーコピー)を行います。メカニカル3次元CAD SOLIDWORKSでは[ミラー]コマンドを使います。
この[ミラー]コマンドで複写した3D形状は連動しているので、複写元の形状を編集すると複写先の形状も同時に変更されます。

対称複写を使ってみた


コマンドを実行

リボンメニューの[フィーチャ]タブにある[ミラー]コマンドを実行しました。

リボンメニュー上のコマンド


デザインツリーを展開

コマンド実行後、対称軸の平面や複写するフィチャーを選択するため[プロパティーマネージャー]の横にある横向きの三角形をクリックして[フライアウトFeautureManagerデザインツリー]を表示させました。

メニューの展開
展開されたデザインツリー


対称平面の選択

対称複写の中心軸にする平面を[フライアウトFeautureManagerデザインツリー]から選択しました。

ミラー平面の選択


対称複写する形状を選択

[フライアウトFeautureManagerデザインツリー]から対称複写する3D形状のフィーチャーを選択しました。

ミラーコピーする3D形状を選択


対称複写を確定

プロパティーマネージャーの[レ]をクリックして対称複写を確定させました。
デザインツリーに対称複写のフィーチャー[ミラー]が追加されています。

対称複写された形状

形状を編集すると...

デザインツリーから複写元の[フィレット]フィチャーをクリックして、寸法値を変更してみました。

角丸めの値を変更

複写元を変更すると複写先のフィレットが連動して変更されました。

連動して大きさが変わった角丸め





[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!