プラスチック製品など板厚の薄い平面部分を補強するときに「リブ」を作成します。スケッチや[押し出し]コマンドを使ってリブを作成することもできますが手間がかかります。
手間をかけずにリブを作成したい...そんな要望に応えられるSOLIDWORKSの[リブ]コマンドを使ってリブを作成してみました。

部品平面をリブで補強


スケッチ平面を選択

リブのスケッチを作図する平面をフィチャーツリーから選択しました。

スケッチ平面

表示方向が斜めのままでは描きづらいのでキーボードの[Space]キーを押して表示方向を変更しました。

3Dモデルの表示方向


スケッチを作図

[直線]コマンドを使ってリブのスケッチを作成しました。

リボンメニューからアイコン選択

リブの位置を1本の線で描きます。通常のスケッチと違い、リブの厚みは描きません。
今回は十字のリブにしたいので水平線と垂直線で十字を描きました。

水平線を拘束
垂直線を拘束


寸法で位置を固定

リボンメニューの[スケッチ]タブにある[スマート寸法]コマンドを使ってスケッチに寸法線を入れました。リブの位置を固定しました。

寸法線のアイコン
寸法線を記入した図


[リブ]コマンドを実行

リボンメニューの[フィーチャー]タブにある[リブ]コマンドを実行しました。

リブを作成する機能


リブの条件を定義

画面左側にあるプロパティマネージャでリブの形状を定義しました。

リブの厚さと垂直に押し出し


確定

プロパティマネージャ上部にある[レ]アイコン、または、マウスを右クリックすると表示されるメニューから[OK]を選ぶとリブが作成されました。

OKで形状確定


3Dモデルにリブが作成されました。
リブは1つのフィーチャなのでデザインツリーにリブの履歴が追加されています。

追加されたリブ




[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!