曲がっているパイプや溝などは[スイープ]コマンドが便利です。平面に作図した輪郭図形を指定したパスに沿わせた跡を3Dモデル化できるスイープは殆どの3次元CADに搭載されています。
3次元CAD「Autodesk Inventor」には作成するスイープの形状を設定できるプロパティがあり、基本的なスイープ、傾斜をつけるテーパ、回転を加えるねじりを使ってみました。


インベンターのスイープ


プロファイルとパス

スイープを行うには輪郭図形を平面に作図した「プロファイル」、輪郭図形を沿わせる「パス」をはじめに用意する必要があります。

輪郭とパス

[スイープ]コマンドを実行

リボンメニューの[3Dモデル]タブの[作成]パネル内にある[スイープ]コマンドを実行しました。

アイコンメニュー

プロファイルとパスの選択

コマンドを実行するとプロファイルは自動選択されました。
[プロパティ]パネルを確認するとパスが未選択になっていたのでパスにする線を選択しました。

パスの選択

プレビューで形状確認

プロファイルとパスを選択するとプレビューが表示され、スイープしたときの形状を確認できました。

3D形状のプレビュー

テーパで傾斜を加えてみる

[プロパティ]パネルの[テーパ]に角度を入力すると傾斜が加えられた形状がプレビュー表示されました。

尖端が細くなる

ねじりを加えてみる

[プロパティ]パネルの[ねじり]に角度を入力すると回転が加えられた形状になりました。

ねじられた形状

形状を確定

[プロパティ]パネルを設定して作成したい3D形状のプレビューが表示されたら[OK]ボタンを押してスイープ形状の完成です。

尖端が細いねじられた形状

基本的なスイープ

先が細いスイープ

輪郭を回転させたスイープ

先細でねじれたスイープ





[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!