定価(税込) 72,600円
販売価格(税込) 見積りをご依頼ください
納期 1週間前後
送料
お支払い方法   

この商品のお問い合わせはこちら

IJCAD 2023 PRO USBプロテクタ版 バージョンアップ IJCAD 2022 PROよりの商品概要

旧バージョンのIJCAD 2022 PRO USBプロテクタ版から最新バージョン「IJCAD 2023 PRO USBプロテクタ版」へバージョンアップするための商品です。

この商品を使用するには別途IJCAD 2022 PRO USBプロテクタ版が必要です。バージョンアップ製品のみでは使用できませんのでご注意ください。

Ver.2021からのバージョンアップはこちらのIJCAD PRO USBプロテクタ版をご検討ください。

Ver.2020からのバージョンアップはこちらのIJCAD PRO USBプロテクタ版をご検討ください。

 

IJCAD PRO(アイジェイキャドプロ)は、AutoCADデータのDWG/DXFを扱える互換CADソフトウェアIJCADシリーズの最上位パッケージです。3Dソリッドモデリングと2次元図面作成機能、JWWデータ入出力機能などが搭載されています。
最新バージョンでは、寸法位置調整やレイヤ表示順変更などの新機能追加、PLOTコマンドの透過性などの機能改善が行われています。


主な機能、対応データ形式については、こちらをご覧ください。


アイジェイCAD新機能


※IJCADはAutoCAD互換CADとして開発されておりますが、AutoCADと全く同じ機能と性能を提供するものではありません。

 

こんな方にお薦め!

  • IJCAD PRO USBプロテクタ版のバージョン 2022から最新バージョン 2023へ移行したい。
  • 最新版のIJCAD PROの機能を使いたい。
  • USBプロテクタを接続したパソコンで使用できるIJCADを購入したい。
  • WEBサポート、次パージョンや旧バージョン利用など、メンテナンスサブスクリプションのサービスを利用したい。

 

商品の内容

  • IJCAD 2023 PRO USBプロテクタ バージョンアップ (ライセンス数:1)
  • IJCAD 2023 PRO ソフトウェア本体(ダウンロード提供 ※1)
  • メンテナンスサブスクリプション(1年間)

※1:IJCADのインストールメディアは付属していません。IJCADソフトウェアはメーカーサイトからダウンロードしてインストールできます。

※2:IJCADインストールメディアでインストールされたい場合は別売メディアを一緒にご検討ください。

 

動作環境

OS
  • Windows 11 (バージョン22H2)
  • Windows 10 (バージョン22H2)

※64bit OS推奨

CPU Core i5以上を推奨
メモリ
  • 推奨:8GB以上
  • 最低:4GB
ハードディスク 700MB以上の空き容量
ディスプレイカード 推奨動作環境: 2GB GPU
その他
  • USBポート
  • .Net Framework4.8がインストールされている環境
  • DVD-ROMドライブ ※DVDからインストールを行う場合
補足 詳しくはメーカーホームページで動作環境をご確認ください。

IJCAD用パソコンならワークステーション

高度な計算を行うCADを使用する際は一般向けPC以上の安定性とパフォーマンスのワークステーションがお勧めです!

 

サポート

IJCADシリーズのサポートサービスはメーカー「システムメトリックス株式会社」での対応となります。
サポートサービスの詳しい内容はメーカーサイトなどをご確認ください。

  • 専用フォームからのお問い合わせ
  • WEBサイトでのナレッジ、トラブルシューティングなどの提供
  • アップデート情報の提供

 

関連商品

IJCADシリーズの関連商品です。下記ほかのIJCADシリーズDWG互換CADはこちらをご覧ください。


営業日カレンダー

2023年 2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
2023年 3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

の日付は営業日です。商品の発送、御見積り、お問い合わせの回答をいたしております。


クロネコwebコレクト・宅急便コレクト

 当店の決済(クレジットカード払い商品代金引換お届け時カード払い)は、クロネコWEBコレクト・宅急便コレクトを利用しています。


初めてご利用されるお客様へ


建築設計はvectorworks

SOLIDWORKSで3D設計

Civil3Dでできる土木BIM・CIM対応

LTを使い続けるのがお得?