Vectorworks Architectは建築設計・内装、ディスプレイデザインを支援する機能を持つ建築/内装業界向けのCADパッケージです。
Vectorworks Fundamentalsの全機能(汎用作図・Renerworks)に加えて、BIM・インテリア設計支援機能と建築向けライブラリを使用できます。

Architectの主な機能

2020の新機能

2020年1月にリリースされたバージョン2020では、Revit取り込み、IFCデータ参照、新しいデータマネージャ、図面作成に役立つデータタグやビューポートなどの機能が強化されています。

ドアと窓の改善

ドアツールにバーンドア設定、窓ツールに表示調整などが追加されました

Revit取り出しによる連携強化

ODA BIMライブラリに基づくRevit取り出しでRVTやRFAファイルを取り出せます

IFC参照でワークフローを高速化

IFCファイルの参照機能により手間のかかる取り込み作業をスムーズに行えます


この他はVectorworks新機能比較表で


建築機能

数値で管理できる階高設定

  • ストーリ機能を使うと各階のFLを設計GLからの高さで決定できます。
  • 天井仕上げや腰壁天端など1つのフロアにある仕上げのレベルを各FLからのオフセット寸法として規定できます。
  • 壁やスラブなどの建築オブジェクトは仕上げレベルに追従するように高さを自動調整できます。
  • 階高が変わった場合、1つの数値を変更するだけで建築モデルは自動修正されます。

柔軟な空間プログラム

  • スペースツールでリビングや廊下や寝室など具体的な部屋名と広さを定義できます。
  • スペースオブジェクトで部屋に関する情報を設定でき、ワークシートで一覧表にして集計できます。
  • スペースに天井や壁などの仕上げ情報を登録することで素早く仕上げ一覧表を作成できます。
  • 集計した情報はワークシートからも変更でき、モデルと一覧表の双方向から編集できます。
  • スペーススタイルはモデリングを省力化して管理を行えます。

専用ツールで建築モデリング

  • 壁やスラブを構成している材料などをスタイルとして保存でき、そのスタイルを選択することで素早くモデリングできます。
  • 壁のスタイルを変更することで壁を変更できます。
  • 階段ツールや手摺ツールを使い、数値で変更できる3Dモデルを作成できます。
  • 「木造BIMツール」「木造建具ツール」を使うと住宅の軸組や日本仕様の建具をモデリングできます。※Architet、Designer

モデルとリンクした図面/レポート作成

  • 建築BIMモデルから各種ビューポートを使って、平面図、立面図、断面図、展開図を作成できます。
  • データタグでオブジェクトにタグを付けることでグラフィック表示を自由に変更できます。図面でのデータ表示を容易にの管理できます。
  • 断面図は柔軟な表現が可能です。自由形状の3Dモデルでも建築オブジェクトと包絡処理を行えます。切断位置の手前や奥にあるオブジェクトの表示状態を設定できます。
  • モデルや情報を変更した場合、ビューポートやワークシートを更新するだけで最新状態を確認できます。
  • モデルに含まれる情報はワークシートに集計して一覧表にできます。

多彩なプレゼンテーション

  • 敷地の緯度経度を設定することで任意の日時の太陽光を再現できます。
  • 3Dモデルの背景に時刻と連動したフィジカルスカイを設定でき、太陽光設定の時刻に合わせて空の外観が変更されます。
  • 時刻の推移で自動調整されたソーラーアニメーションを作成できます。
  • Webビュー取り出しでウォークスルーを作成でき、HTC ViveやOculus Riftを使ってVR活用できます。

広がるBIMモデルの活用

  • BIMの標準フォーマット「IFC」に対応しています。
  • 標準搭載されているライブラリはIFC(IFC2x3、IFC4)、COBie(v.2.4)に対応しています。

地形モデルの作成と編集

  • 国土地理院の数値地図データや測量データを取り込み、現況の地形モデルを作成できます。
  • 造成面や法面を指定し、計画地形モデルの表示、切土/盛土の算出を行えます。
  • 部分的に舗装を変える場合、テクスチャ範囲を指定して変更できます。
  • 敷地範囲の2D形状から地形モデルへ変更できます。
  • スカルプターツールで地表面に凹凸をつけることができます。

ほかの機能



2D/3Dの基本機能

2D/3Dの基本機能は汎用パッケージ Vectorworks Fundamentalsと同じ機能です。

Vectorworksの基本機能はこちらをご覧ください





ほか

下記などの情報もご参考にしてください。


Vectorworksラインナップ