Vectorworksシリーズには5種類のパッケージがあります。
基本製品「Vectorworks Fundamentals」をベースに専門機能を搭載した上位製品「Vectorworks Architect」「Vectorworks Landmark」「Vectorworks Spotlight」「Vectorworks Designer」のなかからお選びいただけます。

基本製品と上位製品のどちらを選べばいいの?

用途や業種に合わせてVectorworksのパッケージをお選びください。

基本製品の「Vectorworks Fundamentals」には2次元設計・3次元設計・レンダリングの基本機能は搭載されています。基本機能に加え、特定の業種向け専門機能を使って設計効率を上げたい場合は上位製品のパッケージがお勧めです。

Fundamentalsと上位製品はココが違う!

各パッケージの主な違いは専門機能とPDF書出し機能の有無です。(※下記表の価格はスタンドアロン版の価格です)

パッケージ名 定価(税込) 2D作図 3Dモデル レンダリング PDF書出し 専門機能
Vectorworks Designer 569,160円 建築・内装、造園土木、舞台照明支援機能
Vectorworks Architect 449,280円 建築・内装設計支援機能
Vectorworks Landmark 449,280円 造園土木設計支援機能
Vectorworks Spotlight 449,280円 舞台照明支援機能
Vectorworks Fundamentals 329,400円 ×

Fundamentalsと上位製品の違い

基本製品Fundamentalsと上位パッケージDesigner/Architect/Landmark/Spotlightの違いはこちらからご覧ください。



ほか

下記などの情報もご参考にしてください。


Vectorworksラインナップ