上面と底面の輪郭が異なる3D形状を[押し出し]コマンドで作成するのは困難です。
複数の輪郭を連続的に結んだ3D形状を作りたいとき、SOLIDWORKSでは[ロフト]コマンドを使うと便利です。

ロフトコマンド

スケッチを用意

[ロフト]コマンドで3D形状を作成するには、複数のスケッチに輪郭に作図する必要があります。
それぞれのスケッチは異なる平面に作図しなければならず、この平面間の距離などで3D形状の厚さや形状が決まります。
1つのスケッチに厚さを入力して3D形状を作成する[押し出し]コマンドとは違います。

複数のスケッチ

[ロフト]コマンドを実行

リボンメニューの[フィーチャ]タブにある[ロフト]でコマンドを実行できます。

ロフトのアイコン

輪郭を選択

左側にあるウィンドがロフトの「プロパティマネージャ」に切り替わりました。
ここで輪郭を作図した複数のスケッチを順番に選択していくと[輪郭]パラメータにスケッチが追加され、輪郭を結んだ3D形状がプレビュー表示されました。

【輪郭を2つ選択した場合】

2平面の選択

2平面選択時のプレビュー


【輪郭を3つ選択した場合】

3平面の選択

3平面選択時のプレビュー


3D形状を確定

プレビューが作成したい3D形状になったら3D形状を確定させます。
確定させる方法は、いくつか用意されています。

OKで確定


ロフトを確定させた3D形状は1つのフィーチャ(履歴)としてデザインツリーに追加されます。
輪郭を2つ選択した場合は、このようなロフトになりました。

2平面のロフト

また、輪郭を3つ選択した場合のロフトは下図のようになりました。

3平面のロフト



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!


3年サブスクリプションがお得なステップアップキャンペーン