建築・土木・電気設備2次元CADソフトウェア DynaCAD(ダイナキャド)シリーズ

お知らせ・新着情報

2020/2
【リリース】新バージョン DynaCADシリーズ Ver.21 リリース

人気&注目のパッケージ


パッケージ名で探す



DynaCADシリーズとは?

DynaCAD(ダイナキャド)シリーズは、CALS/ECやSXFに対応した建築/土木設計向けの機能を搭載したCADソフトウェアです。
DynaCADシリーズには下記のパッケージがあります。

※DynaCAD土木は2013年7月31日で販売終了となりました。今後はDynaCAD土木Plusをご検討ください。

※機能の詳しい内容はメーカーサイトをご覧ください。


DynaCADシリーズの主なラインナップと価格(定価)です。

商品名 定価(税込) ご提供価格(税込)
DynaCAD キーコード版(初年度保守付) オープン価格 130,350円
DynaCAD キーコード版 追加ライセンス(初年度保守付) オープン価格 お問い合わせください
DynaCAD USB版(初年度保守付) オープン価格 173,800円
DynaCAD USB版 追加ライセンス(初年度保守付) オープン価格 お問い合わせください
DynaCAD土木plus キーコード版(初年度保守付) オープン価格 173,800円
DynaCAD土木plus キーコード版 追加ライセンス(初年度保守付) オープン価格 お問い合わせください
DynaCAD土木plus USB版 (初年度保守付) オープン価格 217,800円
DynaCAD土木plus USB版 追加ライセンス (初年度保守付) オープン価格 お問い合わせください
DynaCAD電気 キーコード版(初年度保守付) オープン価格 お問い合わせください
DynaCAD電気 USB版(初年度保守付) オープン価格 お問い合わせください

サポートはメーカーの「株式会社ビーガル」で対応しています。

保守サポート

DynaCADの保守サービスをご契約期間中の客様は下記サポートサービスをご利用いただけます。保守サポートサービスの詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトのサポート情報はこちら


どれを選べばいいかわからないという方のために、導入をご検討される時によくあるご質問などをまとめましたのでご参考に してください。

キーコード形式のライセンスとは?
パソコンにキーコードを入力してライセンスを登録する形態です。インストールは1ライセンス(シリアル番号)につきパソコン1台です。
USB版とは?
USBキーをパソコンに差し込んでDynaCADを使用する形態です。複数台のパソコンにインストールしておいてUSBキーを差し込んだパソコンでのみ使用することができます。
追加ライセンスはありますか?
あります。2本目以降の導入は追加ライセンス商品をご検討ください。但しインストールメディアは付属しません。
Windows10に対応していますか?
バージョン17より対応しています。最新の動作環境はメーカーサイトをご確認ください。
DynaCAD土木は購入できますか?
2013年7月31日をもってDynaCAD土木は販売終了となりました。DynaCAD土木Plusをご検討ください。
バージョン20の新機能は?
DWG/DXF2018形式の読込み対応、ラスター拾い出し機能、電子納品基準・ガイドライン対応、土木コマンド・Plusコマンドの統合、要素法による線形計算機能などの機能追加・強化が行われています。詳しくはメーカーWEBサイトをご覧ください。
レイヤ情報を保持したPDFデータを作成できますか?
オプションソフト「PDFベクタ出力」をご検討ください。ほか「PDFベクタ変換」などがあります。