2次元図面から3次元データを作成するには?


【動画】「2次元図面からの3次元モデル作成」で詳細をご視聴ください。


動画の主な内容

dxf/dwgインポートドキュメント設定

[1] 図面データを取り込む

  • 2次元CADで作成した図面データ(DWG/DXF)を、SOLIDWORKSの部品ファイルの2次元スケッチに取り込むことができます。
  • プレビューで図面データのレイヤ(画層)を確認して、3次元モデルの作成に必要な図形や寸法だけを抽出することができます。

三図面エンティティの選択

[2] 三面図の方向を指定

  • 3次元モデルの基準として正面図を構成している線や円・円弧、寸法など指定します。
  • 平面図、側面図にあたる図形は自動回転されて3次元空間に配置されます。

スケッチ

[3] 三面図の位置を揃える

  • 取り込んだ正面図、平面図、側面図の位置を揃えます。
  • 3次元モデルを正しい位置で投影するためのスケッチの準備ができました。

ソリッドの押し出し・カット

[4] 3次元モデルを作成

  • 正面図のスケッチを平面図の頂点まで押し出します。
  • 3次元モデルに平面図、側面図のスケッチを投影して不要な部分をカットします。
  • 適用したい領域を画面上で選択して3次元モデルを作成できます。

質量特性コマンド

[5] 体積・重量・重心の計算

  • 3次元モデルにすることで体積や重量などの計算に時間がかかりません。
  • 重心の位置を3次元モデル上に表示できます。

板金展開・板金曲げ

[6] 板金部品

  • ベース面や曲げ位置を指定することで板金モデルにできます。
  • 板金モデルは展開形状、曲げた状態に切り替えることができます。

CAEなど3Dデータ活用

[7] 3次元モデルがあると…


 



図面資産を流用して3D設計を始めてみませんか?

SOLIDWORKSなら、これまでに作成された図面データ資産を3D設計に活かすことができます。
DWG/DXF図面データを流用すれば、3次元モデルを作成するためにゼロからスケッチを作図する工数を削減することができます。

用途に合った3つのパッケージからお選びいただけます!

部品/アセンブリの3次元設計、3Dモデルからの図面化のCAD機能のみ必要な方には基本パッケージ


SOLIDWORKS Standardはこちら

フォトリアルレンダリング、設計情報共有に役立つビューワーも必要な方にはプロ版パッケージ


SOLIDWORKS Professionalはこちら

線形静解析/モーション解析、配管/配線設計機能なども必要な方には最上位パッケージ


SOLIDWORKS Premiumはこちら

SOLIDWORKSの概要・カタログなどはこちらから

 


こちらもお勧め!

3設計設計のメリット

 

CAD百貨が選ばれている理由

当店はソリッドワークスジャパン認定販売店が運営しているCAD専門店です。長年、導入からサポートまでを支援してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めて3次元CADを導入したいと考えている
  • どのグレードを選べばいいのかよくわからない
  • 導入後も活用のための支援をしてほしい

など、導入をご検討の際はお気軽にご相談ください。

 お問い合わせはこちらから