XY座標を保存したcsvデータからAutoCAD LTの図面に点を描く方法があります。
測量などで計測した座標は複数の座標値を持っており、この座標データから一括で点を作成したいときに便利です。

X座標とY座標

 

座標データから点を作図してみた

座標データはcsvファイルで用意します。ExcelなどでXY座標データを作成/編集してからcsvデータ形式で保存する方法があります。

エクセルで座標データ編集

 

座標データの値を読み込むにはコピー・アンド・ペーストの機能を使います。
メモ帳などのテキストエディタで座標データのcsvファイルを開き、読み込みたい座標値を選択してからコピーを実行します。

座標値をコピー&ペースト

 

AutoCAD LTに座標データを読み込んで点を描くには[複数点]コマンドを使います。

複数点コマンドのメニュー

 

コマンド実行後にペーストを行うと、読み込んだ座標値の位置に点が作図されます。

作図された座標点

 

 

【手順はこちら】

[複数点]コマンドの使い方は当社WEBサイト「AutoCAD LT 使い方徹底ナビ」のFAQをご覧ください。

FAQ「ExcelのXY座標リストから点を作成するには?」はこちら

 


CADの操作を学習できるeラーニング


[参考]




autocadの本と入門書


ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!