2次元の断面図をパスに沿わせて移動させたときにできる軌跡を3D形状にするには[スイープ]コマンドを使います。SOLIDWORKSの[スイープ]コマンドには多様な機能がありますが、まずは基本的な機能を確認してみました。

ソリッドワークスで図形をスイープ


輪郭とパスを用意

スイープを行うため、輪郭(断面)とパスを作図したスケッチを作成しました。

スケッチに断面とパスを作図


[スイープ]コマンドを実行

リボンメニューの[フィーチャー]タブに[スイープ]コマンドはあります。

スイープコマンド


輪郭とパスを指定

左側のウィンドが[プロパティマネージャ]に切り替わったので、輪郭(断面)とパスを指定しました。

スケッチから輪郭を選択

スケッチからパスを選択


輪郭とパスを指定すると3D形状がプレビュー表示されました。

スイープのプレビュー表示


3D形状を確定

プレビューを確認して問題がなかったので[OK]として3D形状を確定させました。
輪郭をパスに沿わせた3D形状が作成され、デザインツリーにフィーチャ(履歴)が追加されました。

スイープの3D形状




[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!


3年サブスクリプションがお得なステップアップキャンペーン