3Dモデルの一部を削りたいとき、SOLIDWORKSでは[押し出しカット]コマンドを使います。[押し出しボス/ベース]コマンド同様に多様するコマンドの1つです。
作成途中の3Dモデルをカットする機能を確認してみます。

3次元モデルのカット

スケッチを用意

3Dモデルをカットする位置にある平面にスケッチを作成します。スケッチにはカットする形状の輪郭を作図します。

カットするスケッチの作成

[押し出しカット]コマンドを実行

リボンメニューの[フィーチャー]タブに[押し出しカット]コマンドがあります。

アイコンメニュー

コマンドが実行されると左側にある[デザインツリー]が[プロパティマネージャ]に切り替わりました。
プレビューが表示されるのでカット後の3D形状を確認しながら作業を進めることができます。

カットとプレビュー表示

カットする方法

カットする方法は複数あります。

< ブラインド >

[押し出し状態:ブラインド]はカットする距離を指定できます。
[カット-押し出し]プロパティマネージャの[深み/厚さ]パラメータに数値を入力します。

距離でカット

プレビュー上に表示されている矢印をドラッグして押し出し距離を変更することもできます。

マウスで距離を指定

< 全貫通 >

[押し出し状態:全貫通]は3Dモデルを貫通させることができます。
[ブラインド]で3Dモデルより大きい距離を入力すれば貫通させることができますが、3Dモデル全体のサイズを大きくした場合、貫通しなくなる可能性があります。必ず貫通させたい場合は、[全貫通]を使います。

全貫通

3D形状を確定

カットする形状が決まったら、下記などの方法で3D形状を確定させます。

3次元形状を確定させる

[押し出しカット]で作成した形状は1つのフィーチャ(履歴)としてデザインツリーに追加されます。

フィーチャーツリーに追加される



[参考]

ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!