パワーオブジェクトはボルト・ねじ・貫通穴や寸法などに関する情報を持つオブジェクトです。
図面に作図されたパワーオブジェクトは、コピー、サイズ変更、ビューの追加、削除などの編集作業を効率よく行えるパワーコマンドを使います。

 



[パワーコピー]

パワーオブジェクトは[パワーコピー(AMPOWERCOPY)]コマンドを使うと同じ属性でオブジェクトを複写できます。

リボンメニューからコマンド選択


図面内にあるハッチングと同じ模様で他領域をハッチングしたいときに使えます。
コピー元のハッチングとコピー先の他領域を指示すると、他領域にコピー元と同じ模様のハッチングがコピーされました。
(通常の[コピー]コマンドを使った場合、コピー元と同じ形のハッチングがコピーされてしまいました・・・)

複写先の他領域

複写されたハッチング


パワーオブジェクトのサイズを変える

ボルト・ねじ・貫通穴などコンテンツライブラリから挿入したパワーオブジェクトは簡単にサイズを変更できます。
ダブルクリックすると選択できるサイズ一覧が表示されます。このなかから変更後のサイズを選択するだけでパワーオブジェクトのサイズが自動編集されました。

対象をダブルクリック

穴サイズを選択

サイズが自動修正


新しいビューを配置する

正面図に作図してある貫通穴を側面図にも作図したいときは[パワービュー(AMPOWERVIEW)]コマンドを使います。

コマンド選択


作図済みのパワーオブジェクトをダブルクリックすると追加するビューを選択できます。
選択したビューから見たパワーオブジェクトを作図する位置を指示すると、その位置にパワーオブジェクトが作図されました。ハッチングと重なる部分は自動的に非表示状態になります。

正面・側面・平面の選択

作図位置の指示

追加されたビュー


削除する

不要になったパワーオブジェクトを削除するときは[パワーイレース(AMPOWERERASE)]コマンドを使います。

コマンド選択


例えば貫通穴を削除するとハッチングと重なっていた部分は表示されるようになります。

削除対象の選択

削除されたオブジェクト


並列寸法から1つ寸法を削除すると他の寸法の記入位置が自動的に調整されます。

寸法線の選択

修正された寸法線




[参考]




ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!