バージョン17の新機能

2018年11月より順次リリースされるDRA-CAD17/DRA-CAD17LEに搭載された新機能です。

アイデアを有効活用

図面管理

  • バックアップファイルや別名保存したファイルを時系列に並べて表示できます。
  • 図面の変遷や相違箇所を把握したり、プランニングにおける思考経路を反芻できます。

図面のマージ

  • 二つの図面を、指定した条件で結合したり、一方にだけある図形を、もう一方の図面へコピーできます。
  • プランニングを見返し再検討が促されることで、より質の高い設計が行えます。

作業効率の向上と作図機能の強化

きめ細やかなレイヤ操作

  • サムネイル表示で分かりやすく操作できます。
  • 直感的なマウス操作でレイヤの移動や複製が行え、空きレイヤを詰めるなどのレイヤに関する操作がこれまでより簡単にできます。

描画と検索処理の高速化

  • レイアウト図面の描画速度および、ハッチングや塗る範囲を自動的に検索する処理速度が向上しました。
  • 処理速度の向上で、より快適な作図環境の提供が可能。

基本機能の強化

文字列中の数値情報を操作

  • 文字列の数値部分に対して四則計算できます。
  • 数値の前後に文字を追加できるほか、連番文字列も簡単に作成でき、レベル表記や地盤面高さなどを一括変更できます。

展開図を素早く作る

  • 平面図から展開図を作成するためのベースラインを自動で作図します。
  • 通り芯や建具、壁などをレイヤ名や線種情報と組み合わせて解析し、手間のかかる展開図作成の初期段階で役に立ちます。

三次元機能の強化

3Dモデルと連動した2D図面 【LE未対応

  • レイアウト上に、3Dモデルを任意の方向から見たビューポートとして配置可能。
  • 3Dモデルの変更が、立面図や断面図などへ反映され、三次元での設計検討を二次元へフィードバックできます。

SketchUP形式で保存 【LE未対応

  • DRA-CADで作成した3Dデータを、Trimble社製の3次元CADソフト「SketchUP」へ渡せます。
  • SketchUPでモデリングしたデータと組み合わせることで、新たな表現力を利用できます。

「電気君」が標準コマンドとして復活

配線やシンボル記号

  • 電気設備に関する17個のコマンドが追加されます。
  • 配線関係の作図コマンドやシンボル記号が簡単に作成できます。

計画照度を満たす器具配置

  • 指定した部屋(矩形)に、計画照度を満たすように照明器具の配置が可能。
  • 照明器具の個数や性能などを検討できます。

その他の新機能

パッケージ内を簡単に編集

  • パッケージを分解して再パッケージ化することなく、素早く簡単な編集が可能。
  • ブロック編集と同様に、一度作成した部品の編集作業が快適になります。

建具記号の集計機能を強化

  • 三段に分かれた建具記号に対応しました。
  • 建具記号で作成されていない建具記号を表す図形を把握し、数量を集計できるようになります。

新バージョンで加わった機能の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトの新機能情報はこちら


主な機能・特徴

3D機能と2次元製図機能を備えた「DRA-CAD」と、2次元製図機能に特化した「DRA-CAD LE」の主な機能です。

DRA-CAD

3Dモデル作成ができるDRA-CAD(建築設計・製図CAD)のみに搭載されている機能です。

3次元住宅モデルを気軽に作成
平面図に部屋の矩形を作成すると壁が立ち上がり3次元化が容易に行えます。
パースや合成写真が作りやすい
建物周辺の写真とレンダリング画像を合成できる機能を搭載。

DRA-CAD/DRA-CAD LE共通

2次元製図用のDRA-CAD LE(建築2次元製図CAD)と3D機能と2D製図機能を持つDRA-CAD(建築設計・製図CAD)の共通機能です。

建築図面用コマンド
木造壁量計算や採光計算などの建築法規に関するコマンドや確認申請に必要な図書チェックリストなど建築図面用のコマンドを多く搭載しています。
構造図の作成補助
RC造の柱/梁断面、柱/架構配筋の作図、杭断面、鋼材形状、構造記号など、構造図の作成を支援するコマンドを豊富に搭載しています。
画像となった図面を有効利用
手書き図面をスキャナで読込み、必要箇所を線分化して編集できます。
図面を並べて微細な違いを発見
修正前後の図面を重ねたり、左右に並べる機能により、変更箇所の比較を容易に行えます。
図面編集の時間短縮、効率的な図形操作
意匠図、構造図、設備図などの図面を重ね合わせて表示して、同位置の図形や文字を一括編集できます。また、移動/削除/ストレッチなどの編集も可能です。
AutoCADとの互換性が向上
AutoCADの外部参照の読込みやブロック属性や印刷レイアウト機能を利用してAutoCADのモデル空間・ペーパー空間の双方に対応。
Jw_cadとの互換性
Jw_cad Ver.7に対応し、回転された画像やトリミングされた画像を読み書きできます。
図面をPDFで出力、貼り付けたOLEオブジェクトを図形化
PDF形式での保存ができます。 また、図面に配置したExcelなどの表も図面化することで他CADへデータとして渡すこともできます。

ほか

上記ほかの機能については下記などもご参考にしてください。


DRA-CADシリーズラインナップ