バージョン20の新機能

2021年11月リリースのDRA-CAD 20 / DRA-CAD 20 LEに搭載された新機能です。

設計に関わる情報を図面に加える新機能

基盤地図情報の活用

国土地理院のJPGIS(GML)データを利用して計画地周辺街区の情報を図面に取り込むことができます。

動画・写真・WEB情報の活用

動画を図面に埋め込みマーカー表示できます。写真、文字列、WEB情報をパソコン上で表示できます。


3次元機能の新機能(※LEは対象外)

全国56都市の3Dモデル活用

国土交通省Project PLATEAUの都市モデルデータ(OBJ形式)を利用してモデリングに活用できます。

リアルなウォークスルー

スロープや段差、階段を含む建物の中を実際に歩いているような表現ができます。


スマートな設計環境

続きをスマートに始める

DRA-CAD起動時、前回終了した時に開いていた図面を作業していた状態で開けるので作業をすぐに再開できます。

矩形変形

長方形から任意の四角形に変形することで、文字や図形をパース風に表現できます。


クラウドやデバイスと連携

OneDrive対応

OneDrive(ビジネス、パーソナル)に保存したデータを出先でも利用できます。

DRA Viewer 連携強化

モバイルアプリを使って図面に貼った現場写真を外出先で確認できます。


数量を高度に集計

クイック集計

指定した図形と同じ属性の図形の個数、長さや面積などを集計して数量拾いや積算に利用できます。

部品毎の集計

ブロックやパッケージの名前、シンボルを区別して集計できます。


ほか

新しいリボンメニュー

Windows10のエクスプローラーのようなリボンメニューのスタイルに変わりました。

ファイルの修復

予期せぬ原因で開けなくなった図面を修復する機能を搭載。

 


新バージョンに加えられた新機能の詳細はメーカーサイトをご覧ください。

メーカーサイトの新機能情報はこちら

 

主な機能・特徴

3D機能と2次元製図機能を備えた「DRA-CAD」と、2次元製図機能に特化した「DRA-CAD LE」の主な機能です。

DRA-CAD

3Dモデル作成ができるDRA-CAD(建築設計・製図CAD)のみに搭載されている機能です。

3次元住宅モデルを気軽に作成
平面図に部屋の矩形を作成すると壁が立ち上がり3次元化が容易に行えます。
パースや合成写真が作りやすい
建物周辺の写真とレンダリング画像を合成できる機能を搭載。

DRA-CAD/DRA-CAD LE共通

2次元製図用のDRA-CAD LE(建築2次元製図CAD)と3D機能と2D製図機能を持つDRA-CAD(建築設計・製図CAD)の共通機能です。

建築図面用コマンド
木造壁量計算や採光計算などの建築法規に関するコマンドや確認申請に必要な図書チェックリストなど建築図面用のコマンドを多く搭載しています。
構造図の作成補助
RC造の柱/梁断面、柱/架構配筋の作図、杭断面、鋼材形状、構造記号など、構造図の作成を支援するコマンドを豊富に搭載しています。
画像となった図面を有効利用
手書き図面をスキャナで読込み、必要箇所を線分化して編集できます。
図面を並べて微細な違いを発見
修正前後の図面を重ねたり、左右に並べる機能により、変更箇所の比較を容易に行えます。
図面編集の時間短縮、効率的な図形操作
意匠図、構造図、設備図などの図面を重ね合わせて表示して、同位置の図形や文字を一括編集できます。また、移動/削除/ストレッチなどの編集も可能です。
AutoCADとの互換性が向上
外部参照の読込みやブロック属性や印刷レイアウト機能を利用してAutoCADのモデル空間・ペーパー空間の双方に対応。
Jw_cadとの互換性
Jw_cad データに対応し、回転された画像やトリミングされた画像を読み書きできます。
図面をPDFで出力、貼り付けたOLEオブジェクトを図形化
PDF形式での保存ができます。また、図面に配置したExcelなどの表も図面化することで他CADへデータとして渡すこともできます。

 

ほか

上記ほかの機能については下記などもご参考にしてください。

 

DRA-CADシリーズラインナップ