AutoCAD LT with CALS Tools
電子納品SXFデータ作成支援ソフト

電子納品用の図面データ(SXF)の作成を支援する「AutoCAD LT with CALS Tools」の期間契約ライセンス「サブスクリプション」、永久ライセンス用保守サービス「保守プラン」などを取り扱いしております。

AutoCAD LT Civil Suiteは2018バージョンより商品名が「AutoCAD LT with CALS Tools」に変更されました。

AutoCAD LT with CALS Toolsを導入するには?

初めて買う・増設する

新規導入や本数追加をご検討の方はこちら。

AutoCAD LT with CALS Toolsはこちら

オートキャド LT Civil Suiteの新規導入

保守プラン(旧:メンテナンスサブスクリプション)

最新Ver.の利用や技術サポート等の永久ライセンス専用年間保守サービス 。

保守プランはこちら

lt civil suite メンテナンスサブスクリプション

AutoCAD LT with CALS Toolsとは?

SXF(sfc/p21)形式データの作成支援する「AutoCAD LT with CALS Tools」の導入をご検討される時に、よくあるご質問をまとめましたのでご参考にしてください。

AutoCAD LT with CALS Toolsとは?

公共工事の電子納品用図面データ作成を支援する「Autodesk CALS Tools」と公共工事の図面作成で使われている2次元CAD「AutoCAD LT」がセットになったソフトウェアです。

AutoCAD LTで作成した図面データをSXF(p21/sfc)形式に変換する必要がある方に、変換機能が充実しているAutoCAD LT with CALS Toolsはお勧めです。

SXFデータ変換

Autodesk CALS Toolsには、下記などの電子納品支援機能が搭載されています。

  • CAD製図基準(案)に準拠した電子納品用のSXFデータ変換機能。
  • 線(種類、色、太さ)、文字(高さ)のエラーを検出して自動修正。
  • レイヤ自動振り分け機能(自動/半自動/手動)を搭載。
  • AutoCAD LTの2次元製図機能。
  • JW_CADデータの読み込み機能。

AutoCAD LTとAutoCAD LT with CALS Toolsの機能比較

AutoCAD LT AutoCAD LT with CALS Tools
2D製図と詳細図作成ツール
寸法記入と注釈
DWG/DWFの互換性
Autodesk360との連携
CAD製図基準: レイヤ自動振り分け機能 ×
CAD製図基準: チェック・自動修正機能 ×
SXF(sfc/p21) Ver.2〜3.2対応 ×
JWC/JWW (Ver.7 形式)※入力のみ ×

ご検討時のご参考に

主な機能、データ形式など、導入をご検討される際のご参考にしてください。

CAD百貨が選ばれている理由

CAD専門店

当店CAD百貨は、CAD専門会社が運営しているお店です。 長年、CADソフトウェアの導入から運用までをご提案してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めてAutoCADを導入したいと考えている
  • 種類が多くて、どれを選べばいいのか判らない
  • 業種に特化した専用コマンドを持つCADの導入を検討したい

オートデスク社のCADソフトウェアをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

AutoCADのお問い合わせはこちらから

 

CAD百貨は当社の登録商標です。

CAD百貨は、CAD/CAM販売の実績豊富な(株)シーキューブが運営しております。

当社は「オートデスク認定販売パートナー」ロゴを取得しています。

オートデスク認定販売パートナー


ページの先頭へ

買い物カゴの中は空です

カートの中身を見る


SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?

当店では、お客様の大切な個人情報の送信にあたり、実在証明とお客様のプライバシー保護のため、SSL暗号化通信に対応しています。


当店の決済(クレジットカード・代引)は、クロネコWEBコレクト・宅急便コレクトを利用しています。


はじめての方へ