3D設計を行うには、どの3次元CADを使うと良いのでしょうか?

「Fusion 360(フュージョンスリーシックスティー)」と「Inventor Professional(インベンタープロフェッショナル)」はどちらも3次元CADの機能を持っています。また、LTではない「AutoCAD」にだって3D機能はあります。

これらのCADは何が違うのでしょうか?

 


Fusion360とInventor

Fusion360とInventorは、どちらも製造業向けの3次元ソフトウェアです。
どちらもソリッドやサーフェスによる3Dモデリング、3D環境でのパーツ設計やアセンブリ設計、図面化、フォトリアルなレンダリングを行えます。

価格帯の違いが最初に目に留まりますが、Fusion360は廉価版でInventorは高機能プロ仕様なのでしょうか?


 

使える機能を比べると・・・

搭載している機能を比べると下記などの違いがあります。

機能 Fusion360 Inventor
部品数が多い大規模アセンブリ設計 ×(不得意) ○(得意)
拘束定義 ジョイントのみ 拘束とジョイント
外部参照 外部参照のみ
内部参照 可(自由度高) あえて不可
部品ライブラリ ×
ねじ干渉 ×
図面
部品表

 

データを比べると・・・

データファイルの形式や扱い方には下記などの違いがあります。

機能 Fusion360 Inventor
パーツ・アセンブリ・図面ファイル 1つのファイル形式で管理(f3d) 別々のファイルで形式で管理(ipt、iam、idw)
データの保存場所 クラウドベース ローカル/ネットワーク内
チーム設計でのデータ管理 ×

 


それぞれの特徴は?

Fusion360とInventorを比べるとそれぞれ特徴があり、使用目的が異なる3次元CADであることがよくわかります。

コンセプトの違い Fusion360 Inventor
アセンブリ設計 部品数が少ないアセンブリ設計に対応(目安:1000個以下) 機械装置・産業機械など部品数が多い大規模アセンブリ設計に対応できる
チームでの設計 基本的にクラウド上でのファイル管理のため困難 複数人で3Dデータ・図面データを扱うための図面管理ツール(Vault)がある
3Dモデリング フリーフォームやジェネレーティブデザインによるモデリング パーツ・アセンブリ・図面を関連付けたパラメトリックモデリング

 


適している設計分野がある!

機能の違い、データの扱い、コンセプトの違いから、製造業におけるどの設計分野に適しているのか見えてきます。


Fusion 360

  • 製品設計(コンシューマ製品など)の前半工程(コンセプトやデザイン)
  • 機械装置の構想設計
  • 部品設計・加工
  • 一人での設計

Inventor Pro

  • 機械設計(製造装置や工場レイアウト、構想設計など)
  • 製品設計(コンシューマ製品など)の後半工程
  • 部品設計
  • チーム設計
  • BIM/CIM(建築土木)向けのモデル作成

 

仕事に適した3次元CADを選ぶには「使う場面」「CADのコンセプト」の違いを知ることが重要です。
設計対象・業態・設計フローを切り口にオートデスク社の製造向け3次元CAD「Fusion360」「Inventor Professional」「AutoCAD」の選定ポイントを詳しく解説します。



動画ご視聴のお申込みはこちらから

動画の主な内容

  • いろいろな組み合わせで使わている
  • デジタルエンジニアリングに必要な3要素
  • ワークフローとは?
  • フィーチャーベースかダイレクトモデリングか
  • ドラッグしたら動くCADと動かないCAD
  • 3次元CADの特長と難しさ
  • InventorとFusionの考え方の違い
  • Autodeskの製造系CAD、どっちを使うべき?
  • 業種ごとに大きく異なる3次元化の進行状況
  • 製造業における2種類の設計分野

 


Fusion360するか? Inventorにしようか?

価格帯と製造系3次元CADであること、それだけを基準に選んでもうまくいきません。
設計対象・業態・ワークフローにあったコンセプトの3次元CADを選ぶ必要があります。また、1つのCADで業務内容に対応できないときは、複数のCADを適材適所で使い分けている併用ケースもあります。

どの設計分野のどの工程に対応する必要があるのか・・・
それぞれの3次元CADが持つコンセプトを基準に選んでみるのはいかがですか?

 

Fusion 360

  • 製品設計向け
  • コンシューマ製品のデザイン設計
  • クラウドでのデータ保存
  • 1~2人で設計

Fusion360はこちら

Inventor Pro

  • 機械装置設計・製品設計向け
  • 部品数が多い製造装置の設計
  • データ管理を行う
  • チームで設計を行う

Inventor Proはこちら

PDM Collection

  • 機械装置設計・製品設計向け
  • 製造向けソフトウェアが揃うパッケージ
  • Fusion360とInventor Proを使える
  • 適した機能を使い分ける

PDM Collectionはこちら


FUSION360特価キャンペーン

 


ラインナップ