3Dモデリングソフトウェア SketchUp(スケッチアップ)シリーズ

各パッケージのお見積りのご依頼はこちらから。搭載されてる機能や動作環境などもご確認いただけます。

新規購入・ライセンス追加


サブスクリプション契約の更新


フォトリアルレンダリング

 


SketchUp(スケッチアップ)は3Dモデルをすばやく作成できる機能を持つ、習得が容易な3次元モデリングソフトウェアです。
設計プロセスの初期段階で作成するラフな構想モデルの作成に最適で、下記などの用途で活用できます。

使用例はメーカーホームページをご覧ください


 

無償版の違い

個人の方が趣味の範囲でお使いいただく無償版(SketchUp Make)と違い、SketchUp Pro版には、メールによるテクニカルサポート、ナレッジセンター、インテリア・エクステリアのパーツライブラリー、3Dモデルをエクスポート(3DS、DWG、DXF等)、LayOutによるドキュメント作成、高品質印刷などを使用できるメリットがあります。

SketchUP Proと無償版の違いはこちら

 

SketchUPの3次元モデリング手法は易しく、基となる2次元平面図から「プッシュ/プル」ツールを使って、あっという間に立体化ができます。これに穴を開けたいときは、穴を開けたい箇所に穴形状の2次元平面図を作成してプッシュ/プルツールで深さを指示すると穴が開きます。
主に下記などの機能が搭載されています。

2Dから素早く3Dにできるプッシュ&プル
クリックするだけで押出しが開始され、マウスを動かす操作で終了で2次元平面を3次元に押し出すことができます。
ペイントツール
作成したモデルにJPEG・TIFF・PNGなどの画像データを付加して、リアルな表現が可能です。
LayOut
LayOut は SketchUP Pro に付属している 2Dアプリケーションです。 3Dモデルから設計ドキュメント、図面を作成できます。
ほか機能
機能に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

 

入力
  • SKP
  • dwg/dxf
  • 3DS (.3ds)
  • IFC、IFCZIP
  • DAE
  • DEM
  • DDF
  • KMZ
  • STL
  • JPG、PNG、PSD、TIF、TGA、BMP
出力
  • 3DS (.3ds)
  • DWG/DXF
  • IFC
  • FBX (.fbx)
  • OBJ (.obj)
  • XSI (.xsi)
  • VRML (.vrml)
  • WRL
  • KMZ
  • DAE
  • EPS
  • PDF
  • STL
  • JPEG、TIFF、PNG

対応データ形式はメーカーホームページもご確認ください

 

最新バージョン2022を使用するには下記スペックのパソコンをご使用ください。

  Windows Macintosh
対応OS
  • Windows 11 64ビット
  • Windows 10 64ビット
  • 未対応:Windows 8以前
  • Mac OS 12 (Monterey)
  • 11.0 (Big Sur)
  • macOS 10.15 (Catalina)
  • 未対応:macOS 10.14 (Mojave)以前
CPU 推奨:2GHz以上のプロセッサ
最小:1GHz以上のプロセッサ
推奨:2.1GHz以上のIntelプロセッサ
最小:2.1GHz以上のIntelプロセッサまたは現行のApple M1プロセッサ
メモリ 推奨:8GB以上
最小:4GB以上
推奨:8GB以上
最小:4GB以上
ハードディスク空き容量 推奨:700MB以上
最小:500MB以上
推奨:700MB以上
最小:500MB以上
ビデオカード
  • 3D対応グラフィクスカード(メモリ 推奨:1GB以上、最小:512MB以上)
  • ビデオカードドライバ OpenGL3.1以上に準拠
  • 3D対応グラフィクスカード(メモリ 推奨:1GB以上、最小:512MB以上)
  • ビデオカードドライバ OpenGL3.1以上に準拠
ほか
  • インターネット接続必須(サインインまたはライセンス認証に必要)
  • 3ボタンスクロールホイールマウス
  • Microsoft Internet Explorer 9.0以上
  • .NET Frameworkバージョン4.5.2が必要
  • インターネット接続必須(サインインまたはライセンシングに必要)
  • 3ボタンスクロールホイールマウス
  • Safari
  • QuickTime 5.0以上
詳細 詳しい動作環境はメーカーホームページをご確認ください

 

永久ライセンスの販売終了について

2020年11月4日(米国時間)をもって永久ライセンス(クラシックライセンス)のコマーシャルライセンス、ネットワークライセンスはメーカー出荷は終了しています。永久ライセンスのメーカー出荷終了後は、サブスクリプションライセンスのみの販売となります。

SketchUpコマーシャル(永久ライセンス)販売終了について

サブスクリプションライセンスについて


  サブスクリプションライセンス 永久ライセンス
使用期限 契約した期間 期限なし
機能
  • デスクトップ用SketchUp Pro (LayOutとStyleBuilderを含む)
  • SketchUp for Web
  • Trimble Connect for Business
  • SketchUp Viewer for iOS / Android
  • SketchUp Viewer for XR(AR/VR)
  • SketchUp Pro (デスクトップ)
  • LayOut
  • Style Builder
オフラインでの使用 ○ (30日間に1回インターネット接続が必要)
ライセンス Trimble IDで管理 シリアル番号で管理
納品物 メールでライセンスを納品 パッケージ

 

体験版

体験版はWEBサイトからダウンロードを行うことができます。試用期間やインストール方法、入手方法については下記WEBサイトをご確認ください。

ダウンロードはこちら

 

どれを選べばいいかわからないという方のために、導入をご検討される時によくあるご質問などをまとめましたのでご参考に してください。

コマーシャル(永久ライセンス)版は購入できますか?
永久ライセンスタイプのコマーシャルライセンス、ネットワークライセンスの販売は2020年11月4日(米国時間)をもってメーカー出荷が終了するためご購入いただけなくなります。サブスクリプションライセンスのご検討をお願いいたします。
無償版の「SketchUp Make」は商用利用できますか?
無償版 SketchUp Makeはバージョン2013より商用使用が禁止となりました。営利目的で使用する場合にはSketchupPro版が必須となります。
サブスクリプションの更新はいつからできますか?
更新されるサブスクリプションの契約期間が満了する60日前からお手続きいただけます。

 

CAD百貨が選ばれている理由

当店CAD百貨は、CAD専門会社が運営しているお店です。長年、CADソフトウェアの導入から運用までをご提案してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めてCADを導入したいと考えている
  • 種類が多くて、どれを選べばいいのかわからない
  • 業種に特化した専用コマンドを持つCADの導入を検討したい

など、CADソフトウェアの導入をご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちらから