保守プラン契約更新時にお得な価格でサブスクリプションへ!

2017年6月以降、保守プランをご契約中のお客様は契約更新時に特別価格で「サブスクリプション(期間ライセンス)」に切り替えることができます。
保守プランをサブスクリプションへ切り替えると、電話サポート、アップデートで向上した機能の随時入手などのメリットがあります。

また、ご契約中の保守プランを更新することもできますが、今後毎年、更新価格が引き上げられる予定となっております。

サブスクリプションへの切り替えは契約満了日の90日前から行えます。是非この機会にご検討ください。



今、切り替えをお勧めする理由


これがサブスクリプションのメリット!

最新のテクノロジー

最新バージョンや最新の拡張機能をメーカーWEBサイト「AUTODESK ACCOUNT」より入手できます。

業界別コレクション

複数種類のオートデスク製品をお使いの場合、業界別コレクションへ切り替えることでコスト削減に。

メーカー対応サポート

サブスクリプションへ切り替えるとメーカー対応の電話サポート(事前予約制)を利用できます。

容易なライセンス管理

専用WEBサイトでサブスクリプションライセンス管理やユーザー割り当てを容易に行えます。



保守プランからサブスクリプションへの切り替えをお考えの方はこちらをお読みください。

保守プランを契約中の単体のオートデスク製品を、同じ製品のサブスクリプションへ切り替えることができます。

今なら保守プランの更新費用と同じ価格でサブスクリプションへ切り替えできます。しかも切り替え後3年間は更新費用は上がりません。この価格は保守プラン契約を継続する場合やサブスクリプションを新規契約するよりもお得になっています。

また、複数種類のオートデスク製品がセットになった「業界別コレクション」への切り替えもお勧めです。2種類以上のオートデスク製品を使用されるなら業界別コレクションのサブスクリプションで導入費用を節約できます。

なお、サブスクリプションへの切り替え価格は、2018年に前年価格の5%、2019年に前年価格の5%引き上げられます。
サブスクリプションへの切り替えをお考えの場合は、お早めの切り替えがお得です。


<参考> サブスクリプション切り替え費用との比較(AutoCAD LTの場合)

2017年 2018年 2019年
2017年にサブスクリプションへ切り替えた場合の費用 税込32,400円 税込32,400円 税込32,400円
保守プランを毎年更新した場合の費用 税込32,400円 税込35,640円 税込42,768円
サブスクリプションを新規購入・更新した場合の費用 税込45,360円 税込45,360円 税込45,360円

※上記価格は定価です。また定価は予告なく変更される場合がございます。

サブスクリプションへ切り替える場合

保守プランからサブスクリプションへの切り替え、ご質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください。

サブスクリプションへの切り替えはこちらから



ご契約中の保守プラン契約を更新したいとお考えの方はこちらをお読みください。

ご契約中の保守プランは引き続き、1年間更新することができます。

なお、保守プランの更新は、2017年に前年価格の5%、2018年に前年価格の10%、2019年に前年価格の20%引き上げられます。この価格はサブスクリプションを新規契約するよりもお得ですが、サブスクリプションへ切り替えるよりも価格が高くなります。

今回は引き続き保守プランを更新して、次回の更新のタイミングでサブスクリプションへの切り替えをご検討いただけます。


<参考> 保守プラン更新費用との比較(AutoCAD LTの場合)

2017年 2018年 2019年
各年の保守プランの更新費用 税込32,400円 税込35,640円 税込42,768円
2017年にサブスクリプションへ切り替えた場合の費用 税込32,400円 税込32,400円 税込32,400円
サブスクリプションを新規購入・更新費用 税込45,360円 税込45,360円 税込45,360円

※上記価格は定価です。また定価は予告なく変更される場合がございます。

保守プランを更新する場合

保守プラン更新のお申し込みやご質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください。

保守プランの更新はこちらから



サブスクリプションへの切り替え、更新もしないとお考えの方はこちらをお読みください。

保守プランからサブスクリプションへの切り替え、保守プランの更新も行わない選択肢もあります。
ただし、サポートやアップデート提供などの各種サービスを利用できなくなりますのでご注意ください。

保守プランを契約していたオートデスク製品は契約満了後も使用できますが、使用できるバージョンは保守プラン契約期間中に使用されていたバージョンとなります。
将来、最新バージョンが必要になった際はサブスクリプションを新規契約することで最新バージョンを入手できますが、今回、保守プランをサブスクリプションへ切り替えるよりも費用が高くなります。

保守プランからサブスクリプションへの切り替え、または、引き続き保守プランの更新をご検討いただければ幸いです。


<参考> 毎年かかる費用の比較(AutoCAD LTの場合)

2017年 2018年 2019年
保守プランを更新せず2018年にサブスクリプションを購入した場合 0円 税込45,360円 税込45,360円
契約中の保守プランを毎年更新した場合 税込32,400円 税込35,640円 税込42,768円
2017年に保守プランからサブスクリプションに切り替えた場合 税込32,400円 税込32,400円 税込32,400円

※上記価格は定価です。また定価は予告なく変更される場合がございます。




関連情報

サブスクリプション切り替えに関する関連情報です。

保守プランとサブスクリプションの違い

保守プランとサブスクリプションの主な違いを比較した表です。

保守プラン サブスクリプション
概要 永久ライセンス製品専用のソフトウェア保守サービスです。ご契約中の保守プランを更新いただくことで最新バージョン提供などのメーカーサービスをご利用いただけます。 ご契約期間中、AutoCADなどのソフトウェアを使用できるライセンスです。
契約が切れた場合 ご契約期間中に提供されたバージョンを使い続けることができます。ただし、保守プランで提供されていたサービスは利用できなくなります。 ソフトウェアや関連サービスを使用できなくなります。
ライセンス形態 永久ライセンス 期間ライセンス
契約できる期間 1年 1ヶ月、3ヶ月、1年、2年、3年
最新バージョンの提供
前バージョンの使用 ご契約期間中、最新バージョンから3つ前までのバージョンを選択して使用可能。 最新バージョンから3つ前までのバージョンを選択して使用可能。
ホームユース特典 ご契約期間中、2台目のPCにインストール可能。 管理者または指名ユーザーが使用するPCにインストール可能。
海外持ち出し特典 ご契約期間中、自国で購入した場合、購入した国以外の場所に持ち出して使用可能。 自国で購入した場合、購入した国以外の場所に持ち出して使用可能。
サポート ベーシックサポートの場合は「WEBサポート」のみ。アドバンスサポートの場合は「TELサポート」「WEBサポート」を利用できます。 「TELサポート」「WEBサポート」を利用できます。
クラウドストレージ 契約期間中は25GBまで使用可能 契約期間中は25GBまで使用可能

※保守プラン、サブスクリプションの内容は変更される場合がございます。


チラシ・資料

詳細情報

サブスクリプション切り替えに関する詳細はメーカーホームページをご覧ください。

ご注意点



CAD百貨が選ばれている理由

当店CAD百貨は、CAD専門会社が運営しているお店です。長年、CADソフトウェアの導入から運用までをご提案してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めてCADを導入したいと考えている
  • 種類が多くてどれを選べばいいのかわからない
  • 業種に特化した専用コマンドを持つCADを導入を検討したい

など、CADソフトウェアをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちらから