主な機能・特徴

Autodesk Revitには、意匠設計、構造設計、設備のための機能が搭載されています。

※バージョン2017より「Autodesk Revit Architecture」「Autodesk Revit Structure」「Autodesk Revit MEP」は1つにまとめられ「Autodesk Revit」になりました。

整合のとれた単一モデルで作業効率UP

建築プロジェクトの設計情報を3Dモデルで管理することで、図面、集計表、2Dビュー、3Dビューなど設計図書を容易に生成できます。設計変更を行うとすべての設計情報が自動的に更新されるためミスや漏れを抑えることができます。

パラメトリックコンポーネント

壁や柱などの建築パーツをはじめ、家具や機材などをパラメトリック コンポーネントとして作成できます。これは建築コンポーネントのベースとなるオブジェクト要素で「ファミリ」とも呼ばれます。

干渉チェック

干渉チェック機能を使用することで、建築3Dモデルをスキャンしてオブジェクト間の干渉を確認できます。

ワークセット機能

規模が大きな建物を設計するときは複数のメンバーが関わります。Revitには複数人での共同設計を進めるためのワークセット機能が搭載されています。

集計表の自動生成/部材拾い出し

3Dモデルから建築材の自動集計を行うことができ、コストや数量を把握するための集計表の作成に役立ちます。部材拾い出しツールは、コストの見積り用に材料の数量確認に役立ちます。

点群ツール

レーザースキャンした点群データをRevit内に読込み、リノベーション、改修プロジェクトを迅速に進めることができます。。

デザインビジュアライゼーション

プロジェクトが完了する前に、設計アイデアや建築物モデルの仕上がりを写真のようなリアルイメージで確認できます。

配筋設計

3Dのコンクリート配筋をモデリングすることで正確な配筋設計を行うことができ、鉄筋集計表を使用して鉄筋施工図を作成できます。

構造解析

構造解析の結果をRevitに取り込むことができます。解析結果により、Robot Structural Analysis Professionalに双方向リンクされているモデルが自動的に更新されます。この更新内容はパラメトリック変更テクノロジーによりモデルのビューと構造図全体で調整されます。

豊富なコンテンツライブラリ

2D詳細コンポーネントと3D建築コンポーネントが多数用意されています。ファミリ機能により、壁、窓、ドア、家具、収納設備などに高さ、幅、コスト、材料などの属性を組み込んだパラメトリックなコンポーネントを活用できます。



ほか

上記ほかの機能については下記などもご参考にしてください。


AutoCAD ラインナップ