Windows7は2020年1月14日をもって延長サポート終了(EOS:End of Support)となります。

安心してWindows7を使用できなくなるその日まで1年を切りました。

Windows7の延長サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラム、仕様変更、新機能リクエストなどがマイクロソフトより提供されなくなります。

延長サポートが終了した「Windows 7」を使い続けると、どんな問題があるのでしょうか?


 

セキュリティが脆弱になりさまざまな危険にさらされる!

  • 不具合やセキュリティ上の問題を修正するセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるのでパソコンのセキュリティが脆弱になります。
  • インターネット、eメール、USBメモリなどからウィルスやマルウェアなどの悪質なプログラムに感染するリスクが高まります。
  • フィッシング詐欺、なりすましの被害に遭い、大切な情報が漏洩するリスクが高まります。
  • セキュリティソフトだけでは対応できないWindows7の脆弱性にさらされるリスクがあります。

最新のソフトウェア・ハードウェアが動作しない!

  • CADの最新バージョンはWindows7未対応になっていくので最新機能が使えなくなります。
  • セキュリティソフトなどのWindows7用更新プログラムは提供されなくなっていきます。
  • 外部記憶装置やプリンタの最新機種はWindows7未対応が増えるので買い換えても接続できない可能性があります。
  • 周辺機器メーカーからWindows7対応の最新ドライバソフトが提供されなくなる可能性があります。

‐ 延長サポート終了まで1年を切っています ‐

Windows7の延長サポート終了は2020年1月14日ですが、次の点を考えると余裕をもった早めの移行がオススメです。

  • ソフトウェアのインストール、CADデータやメールデータの移動などパソコンの引越しには時間と工数がかかります。
  • 年末年始は忙しくなり、作業を行う時間が無いかもしれません。
  • パソコン、ソフトウェアの駆け込み需要で納品されるまで時間がかかる可能性があります。
  • 2014年4月のWindowsXPサポート終了時も大変でした...

使っているソフト・ハードはWindows10に対応?

ソフトウェアやハードウェアには「対応するOS」という条件があります。

Windows10へ移行する前に、現在お使いのソフトウェアやハードウェアがWindows10で正常に動作する仕様であることをご確認ください。

一例ですがCADソフトウェアがWindows10に対応しているバージョンは下記になっています。Windows10未対応のバージョンをお持ちのときは、最新バージョンの導入をご検討ください。

  • AutoCAD・AutoCAD LTはバージョン「2017~2020」です。
  • SOLIDWORKSはバージョン「2015 SP5.0」以降です。
  • Autodesk Inventorはバージョン「2017~2020」です。
  • Autodesk Revitはバージョン「2017~2020」です。
  • Vectorworksはバージョン「2016~2019」が正式対応です。


< AutoCAD・AutoCAD LTの場合 >

オートデスク製品のバージョン別対応表です。バージョン2015以前はWindwos10未対応です。

ソフトウェア名 2016 2017 2018 2019 2020
AutoCAD・AutoCAD LT (64bit) ※1※2
Autodesk Inventor (64bit) ※1
Autodesk Revit・Revit LT (64bit) ×
Autodesk Civil 3D (64bit) ×  
Autodesk Infraworks (64bit) ×

※1:バージョン2020が提供されるとメーカー技術サポートの対象外になります。
※2:AutoCAD 2016 サービスパック1のインストールが必要です。


< SOLIDWORKSの場合 >

3次元CAD SOLIDWORKSの場合、Windows10での動作が保証されているバージョンは「2015SP5.0」です。
これ以前のバージョンはWindows10での動作は保証されていません。※1

Microsoft製品 SOLIDWORKSサポート開始バージョン
Windows 10 64bit 2015 SP5
Windows 8.1 64bit ※2 2014 SP1
Windows 8 64bit ※2 2013 SP0
Windows 7 64bit 2010 SP1
Windows 7 32bit 2010 SP1

※1:全く動作しないわけではありませんが不正な動作や挙動が発生する可能性があります。
※2:SOLIDWORKS 2019 製品はWindows 8.1、Windows 8 にはインストールできません。


< Vectorworksシリーズの場合 >

3次元/2次元CAD Vectorworksの場合、Windows10に正式対応しているのはバージョン「v2016」以降です。

ソフトウェア名 v2015 v2016 v2017 v2018 v2019
64bit Windows ※1
32bit Windows × × × ×

※1:最新版のSPアップデータを適用が必要。基本動作に問題はございませんが、いくつかの軽微な不具合が確認されております。

‐ Windwos 7 延長サポート終了のリスクを回避するには「Windows 10」へ移行する対策が必要です ‐


【対策1】Windows10搭載PCに買い換える

  • Windows10の機能を活かせる最新型ワークステーションPCへの買い替えがオススメです。
  • 最新パーツを搭載したパソコンは処理速度&信頼性が向上しており作業効率がアップします。
  • Windows7が発売された2009年10月と比べ、同等の価格でより高機能のパソコンを導入できます。

【対策2】Windows10にOSを入れ替える

  • 今お使いのパソコンのOSをWindows10へ入れ替える方法もあります。
  • 最新のパソコンに買い換えるよりも費用を抑えることができます。
  • お使いのパソコン、接続している周辺機器などがWindows10対応であることを確認する必要があります。

Windows10搭載ワークステーションがオススメ!

 

高度な演算処理と長時間稼動に耐える信頼性を必要とするCADソフトウェアを使うなら、一般的なパソコンよりも高いパフォーマンスを発揮するWindows10搭載ワークステーションPCをご検討ください。

ワークステーションにはメモリ容量やグラフィックスなどの拡張性が高いミニタワー筐体モデル、設置場所をとらない省スペース筐体モデル、仕事で持ち運べるモバイルワークステーションがあります。
処理能力の高いCPU、グラフィックカードの変更、メモリ増設、デュアルディスプレイ、Office365の追加などカスタマイズの可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

タワー型ワークステーション

ミニ・省スペース型ワークステーション

ノート型モバイルワークステーション




CAD用パソコンのWindows10移行はお済ですか


CAD百貨が選ばれている理由

当店CAD百貨は、CAD専門会社が運営しているお店です。長年、CADソフトウェアの導入から運用までをご提案してきたノウハウと実績がございます。

  • 初めてCADを導入したいと考えている
  • 種類が多くてどれを選べばいいのかわからない
  • 業種に特化した専用コマンドを持つCADを導入を検討したい

など、CADソフトウェアをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちらから