3D空間に作成した通り芯を基準に「柱」を配置した建築モデルを作成してみます。
柱のデータはファミリという名称で建築3次元CAD Revitに登録されています。これを使って意匠の柱を配置してみました。

レビットで柱を配置

柱の種類を選択

柱を配置する[柱]コマンドはリボンメニューの[建築]タブの[構築]パネルにあります。今回は意匠の柱を配置したいので[柱 意匠]コマンドを実行しました。

柱コマンドのメニューアイコン

配置する柱の寸法サイズは一覧から選ぶことができました。

角柱を選択


柱の高さを指定

柱の高さはレベルで指示します。配置時にレベルを指示すると下図のように柱の高さを決めることができます。

柱とレベルの関係

レベル1からレベル2までの高さで柱を配置できるように指示してみました。

レベル設定


柱を配置する

柱を配置する通り芯の交点へカーソルを近づけるとプレビューが表示されました。クリックすると柱が配置されました。
ほかの交点にも柱を配置したいので同じ手順で追加しました。

柱の配置


3Dで見る

柱の配置は2次元の平面上で行いました。どのように柱が配置されているのか確認するには3D空間がわかりやすいと思います。
[3Dビュー]コマンドを使うと3D表示に切り替えることができます。

3次元表示

3D空間に配置されている柱が表示されました。

3Dで見た柱



次は壁を配置してみます。

Revitの機能:[壁]コマンドで3D空間に外壁を配置してみました





[参考]


ほかカテゴリ

CADソフトウェアの商品情報はこちらから!