定価(税込) 165,000円
販売価格(税込) 152,790円
納期 1週間前後
送料 無料
お支払い方法     

この商品のお問い合わせはこちら

当店よりIJCAD PRO/STD/LTをご購入いただくとIJCADの基本的な使い方を解説した解説書「IJCAD入門之書(PDF版)」(137ページ・A4サイズ)をプレゼントしております!

  • 対象商品ライセンス1本につき、1つ差し上げます。
  • 2023年1月以降、当店より対象商品をお買い求めいただいたお客様限定です。
  • 詳しくはこちらをご覧ください。

IJCAD PRO USBプロテクタ版の商品概要

IJCAD 2023 PRO(アイジェイキャド2023プロ)は、AutoCADデータのDWG/DXFを扱える互換CADソフトウェアです。WEBサポートやバージョンアップ版提供などサービスを利用できるメンテナンスサブスクリプション(初年度年間保守)も付属しています。

「IJCAD 2023 PRO USBプロテクタ版」は、パソコンのUSBポートにUSBプロテクタを差し込んで使用するライセンス形式です。

キーコードライセンス版のIJCAD PROもあります


3Dソリッドモデリングと2次元図面作成機能、図面比較、JWWデータ入出力機能などが搭載されています。

IJCADシリーズ PRO・STD・LTの違いは?



主な機能、対応データ形式については、こちらをご覧ください。


IJCAD PROの作図画面

※IJCADはAutoCAD互換CADとして開発されておりますが、AutoCADと全く同じ機能と性能を提供するものではありません。

 

こんな方にお薦め!

  • パージョンアップ版、WEBサポート、旧バージョン利用など、メンテナンスサブスクリプションのサービスを利用したい。
  • AutoCADデータ(DWG/DXF)と互換性があるCADソフトを導入したい。
  • ソリッドによる3Dモデリングを行いたい。
  • 2次元製図機能、PDF→CAD変換、図面比較、画層一覧、VBAカスタマイズなどの機能も使用したい。
  • JWCADデータの読み書きを行いたい。
  • USBプロテクタを接続したパソコンで使用できるIJCADを購入したい。

 

商品の内容

※1:IJCADのインストールメディアは付属していません。IJCADソフトウェアはメーカーサイトからダウンロードしてインストールできます。

※2:IJCADインストールメディアでインストールされたい場合は別売メディアを一緒にご検討ください。


USBキーを接続して使えるCAD

 

動作環境

OS
  • Windows 11 (バージョン22H2)
  • Windows 10 (バージョン22H2)

※64bit OS推奨

CPU Core i5以上を推奨
メモリ
  • 推奨:8GB以上
  • 最低:4GB
ハードディスク 700MB以上の空き容量
ディスプレイカード 推奨動作環境: 2GB GPU
その他
  • USBポート
  • .Net Framework4.8がインストールされている環境
  • DVD-ROMドライブ ※DVDからインストールを行う場合
補足 詳しくはメーカーホームページで動作環境をご確認ください。

IJCAD用パソコンならワークステーション

高度な計算を行うCADを使用する際は一般向けPC以上の安定性とパフォーマンスのワークステーションがお勧めです!

 

サポート

IJCADシリーズのサポートサービスはメーカー「システムメトリックス株式会社」での対応となります。
サポートサービスの詳しい内容はメーカーサイトなどをご確認ください。

  • 専用フォームからのお問い合わせ
  • WEBサイトでのナレッジ、トラブルシューティングなどの提供
  • アップデート情報の提供

 

IJCADシリーズの関連商品です。下記ほかのIJCADシリーズDWG互換CADはこちらをご覧ください。


営業日カレンダー

2023年 9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2023年 10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

の日付は営業日です。商品の発送、御見積り、お問い合わせの回答をいたしております。


クロネコwebコレクト・宅急便コレクト

 当店の決済(クレジットカード払い商品代金引換お届け時カード払い)は、クロネコWEBコレクト・宅急便コレクトを利用しています。


初めてご利用されるお客様へ


3DEXPERIENCEを動画解説

建築設計はvectorworks

AutoCAD2024バージョンの新機能とは?