AutoCAD LTの主な機能

建築・土木・製造などのさまざまな業界で使用できる汎用2次元CAD「AutoCAD LT」の主な機能をご紹介します。

2016年3月22日にリリースされたAutoCAD LT 2017では、PDFインポート、中心線と中心マーク、デザインビューの共有、Autodeskデスクトップアプリ、AutoCAD 360 Pro モバイルアプリなどの機能強化や改善が行われています。

AutoCAD LT2017の主な機能

PDFインポート

  • PDFデータの図面を線分やTureTypeフォント文字として、AutoCADの図面中に読み込むことができます。
  • 読み込まれた線分や文字はAutoCADのジオメトリとなるので、AutoCADの機能で編集できます。
  • PDFデータ読み揉み時の条件を設定できます。尺度、画層、ベクトル/ラスターイメージ/TureType文字の読込みなどの項目があります。

PDF読込み機能

【関連情報】

※AutoCAD LT使い方徹底ナビより

中心マーク・中心線

  • 円/円弧に中心マーク、2線間に中心線を簡単に記入することができます。
  • 中心マーク/中心線を記入した図形を移動すると、中心マークや中心線も合わせて自動的に移動します。
  • システム変数により、作図画層、線種、線種尺度、形状、ギャップ、サイズの制御が可能です。

中心線、中心マーク

デザインビューを共有

  • クラウド上の2次元図面や3DモデルのDWGデータを、Webブラウザを通して関係者と容易に共有・閲覧できます。
  • 共有したいDWGデータはクラウド上に容易にパブリッシュできます。
  • 関係者はA360にログインしたり、AutoCADベースのソフトウェアをインストールせずに、閲覧できます。

A360 View

AutoCAD 360 Pro モバイル

  • サブスクリプションメンバーは、AutoCAD 360 Proをご利用できます。
  • クラウド ストレージサービス(Google DriveやDropboxなど)を経由して図面データを開けます。
  • 複数のデバイス間で2D図面の作成/編集/表示ができます。
  • 現場などの外出先から図面を閲覧/計測できます。

AutoCAD360 Mobile

ほか

  • Autodesk Application Managerに代わり、Autodeskデスクトップアプリがタスクバーに表示されます。製品アップデートや修正モジュールの通知、ラーニングコンテンツ参照などを行えます。
  • 旧バージョンからAutoCAD 2017にカスタム設定およびカスタムファイルを移すマイグレードのインターフェースが新しくなりました。
  • ダイアログボックスのリサイズが可能になりました。
  • GPUを利用したことで、線分/円弧/円の忠実な視覚化、消費メモリの低減、ドラッグ時のアンチエイリアス有効、一点鎖線などのドット部と線部を同等表現など、2D&3Dグラフィックスのパフォーマンスが改善されました。

このほかの機能

上記ほかの詳しい機能はメーカーホームページやWEBページをご覧ください。

AutoCAD LT の機能 (メーカーサイトへ)

AuotCAD新旧バージョンの機能比較

バージョン2010以降ならできること

AutoCAD LT 2016で追加された機能

 

 

AutoCAD LTの使い方や操作方法などについてはWEBサイト「AutoCAD LT使い方徹底ナビ」をご参考にしてください。

ページの先頭へ

AutoCAD LTを導入するには?

初めての導入や2本目以降の増設はこちらのパッケージをご検討ください。

ページの先頭へ

買い物カゴの中は空です

カートの中身を見る


SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?

当店では、お客様の大切な個人情報の送信にあたり、実在証明とお客様のプライバシー保護のため、SSL暗号化通信に対応しています。


当店の決済(クレジットカード・代引)は、クロネコWEBコレクト・宅急便コレクトを利用しています。


はじめての方へ