AutoCAD LT Civil Suiteの主な機能

公共工事図面の電子納品用SXFデータ作成支援機能を搭載した2次元CAD「AutoCAD LT Civil Suite」の主な機能をご紹介します。
2次元製図機能に加えてSXF(sfc/p21)データを効率よく作成するための機能が搭載されたパッケージです。

 

電子納品用データ(SXF)作成機能

OCF検定(CC2)に合格したツール「Autodesk CALS Tools」を使用して、CAD製図基準に準拠した電子納品用SXFデータを作成することができます。

公共事業で官公庁に提出する設計図書が電子納品で要求仕様に準拠するように、自動チェックおよび修正が行われ、高品質なSXF形式ファイルに高速変換できます。

Autodesk CALS Toolsには以下などの機能が搭載されています。

CAD製図基準(案)に準拠したレイヤへ自動変換
工種と図面種別を自動認識、CAD製図基準(案)準拠の工種テンプレートを自動選択し、レイヤの自動振り分けを実行(自動・半自動・手動)します。
レイヤ(画層)の自動変換
レイヤ振り分け自動学習機能
手動でレイヤを振り分けた内容を学習する機能を搭載。 同じパターンで作図された図面を自動振り分けする際に認識率が向上します。
レイヤ(画層)振分けの学習機能
さまざまなCADデータを1種類のデータ形式に一括変換
DWG/DXFからSXF、JWW/JWCからDWG/DXFやSXFなど、各CADデータ形式間のシームレスな交換を実現。
SXFデータはバージョン2〜3.2に対応。 また、JW_CAD Ver.7のデータ形式の読込みも対応。
対応データ形式
図面チェック&自動修正機能
CAD製図基準(案)に沿って、線(種類/色/太さ)、文字(高さ)をチェックしてエラーを自動修正。
重複線、ショートベクトルの確認
電子納品時に問題となる「データの肥大化」です。 その原因となる重複線や連続するショートベクトルを該当箇所を簡単に確認できます。
CAD製図基準(案)テンプレートの搭載
国土交通省の道路設計の工種テンプレート10種類を標準搭載しています。
道路設計を除く国土交通省や農林水産省、NEXCOなどの工種に対応した工種テンプレートはこちらをご覧ください。
ビューポート/レイアウトのフリーズ対応
Autodesk CALS ToolsにAutoCAD LTで作成した表示スタイルを読み込んで、その表示スタイルのままSXF出力できるので、表示スタイルの重複作業が軽減されます。
リボンメニューの採用
AutoCAD LTと同様のリボンメニューが採用され、操作環境の親和性が強化されました。 クラッシックメニューへの切り替えも可能です。

 

各種工事に対応する工種テンプレート

各種公共工事に対応した電子納品データを効率よく作成するには「工種テンプレート」を使用することができます。

工種テンプレートを使用することで工事別に異なるSXFデータのレイヤ振り分けや図面チェックを容易に行えるようになります。

国土交通省、農林水産省、NEXCOなどの専用テンプレートがあります。

公共工事用の工種テンプレートはこちらをご覧ください

2次元製図機能

AutoCAD LT Civil Suiteには、汎用2次元CAD「AutoCAD LT」と同じ製図機能がパッケージされています。
搭載されている2次元製図機能は、AutoCAD LTの機能紹介をご覧ください。

AutoCAD LTの主な機能紹介はこちら

 

このほかの機能

詳しい機能はメーカーホームページをご覧ください。

AutoCAD LT Civil Suiteの機能情報 (メーカーサイトへ)

Autodesk CALS Toolsの機能情報 (メーカーサイトへ)

 

AutoCAD LT Civil Suiteを導入するには?

初めての導入や永久ライセンス用保守プランはこちらをご検討ください。

ページの先頭へ

買い物カゴの中は空です

カートの中身を見る


SSL グローバルサインのサイトシール SSLとは?

当店では、お客様の大切な個人情報の送信にあたり、実在証明とお客様のプライバシー保護のため、SSL暗号化通信に対応しています。


当店の決済(クレジットカード・代引)は、クロネコWEBコレクト・宅急便コレクトを利用しています。


はじめての方へ